【症例】横になって眠ると痛い肩の痛み 60代女性

主訴

  • 数年前から、気をつけをした姿勢で左を下にして眠ると肩が痛い。
  • 左肩から首筋にかけて痛い。
  • 肩こりの自覚はない。
  • 夜の痛みをなくしたいと思い、来院。

症状

首を左に捻る、首を後ろに倒す動きで圧迫感がある。

左肩甲骨外側を動かすと痛い。

トリガーポイント鍼療法

  • 肩甲挙筋トリガーポイント
  • 棘下筋トリガーポイント

施術部位

僧帽筋、肩甲挙筋、頭半棘筋、板状筋、菱形筋、棘下筋など

動作分析やエコー検査により、首こりと左棘下筋に原因があることがわかりました。

首こりの自覚がなくても、凝りがあるので、その凝りを緩和させることを目標に施術していきました。

症状経過

1回目:鍼治療に恐怖心があるため、細い鍼で施術。

2回目:大きな変化はまだない。

3回目:引っ越し作業で忙しく動いていたが大丈夫だった。左を振り向くとまだ痛い。

4回目:痛みはあるが前より気にならない。

5回目:自覚がなかった肩こりを感じるようになった。

6回目:横になって眠ると肩が痛かったが、全くなくなった。良くなった。

まとめ

横になって肩が痛い場合は、布団と上半身で肩を圧迫して痛みが出ます。

そのため、圧迫されている肩や首の筋肉の緊張をとり、血行を良くすることで改善していきます。

同じような症状でお悩みの方は、ご連絡ください。

肩の痛みについて詳しくはこちら

肩の痛み

この記事に関する関連記事