【症例】肩こりで首が突っ張る痛み 30代男性

主訴

  • 5年前から慢性的に肩こりがある。
  • デスクワークなので、肩が凝りやすい自覚はある。
  • 最近、首が突っ張り回しにくい。
  • 張り感が強く、痛みで眠れないのが辛い。
  • 「筋膜リリース」で検索して来院。

症状

右に首を捻ると左が痛い。

左に首を捻ると右が痛い。

両首筋の突っ張りが強い。

首の可動域制限があり、後ろに振り向く動きに制限がある。

トリガーポイント鍼療法

  • 僧帽筋トリガーポイント
  • 肩甲挙筋トリガーポイント

施術部位

僧帽筋、肩甲挙筋、頭半棘筋、板状筋など

エコーにより、僧帽筋と肩甲挙筋の間で筋膜の癒着が確認でき、触診にて肩甲挙筋の緊張が強く出ていました。

僧帽筋と肩甲挙筋をメインに施術しました。

症状経過

1回目:鍼がトリガーポイントに当たると、気持ち良く感じられた。

2回目:鍼をしてから、眠れるようになった。一週間経つと少し凝りが出てきた。

3回目:だいぶ良くなってきたが、突っ張りが残っている感じ。

4回目:左に首を捻ると、右の首筋が突っ張る。反対側は突っ張る痛みがなくなった。

5.6回目:全体的に張り感がなくなっている。右の方が張りやすい。

7.8回目:調子良い。少し張りがある程度。メンテナンスへ移行。

9回目:メンテナンスで月1回の施術。右首筋に少し張り感。

10回目:凝りは全くない。少し張りがある。

11回目:調子良い。仕事後張りがあるが、次の日には治っている。

12回目:肩周りのトレーニングを始めてから肩が凝らなくなった。転勤により終了。

まとめ

施術開始当初は、鍼の反応がとても良かったため、2週間に1回の施術を継続していきました。

仕事柄、肩が凝りやすい環境にいることもあり、症状が安定してからも月1回のメンテナンスを行いました。

その結果、張り感は多少残るものの、肩こりが解消され、生活の質があがりました。

同じような症状でお悩みの方は、ご連絡ください。

肩こりについて詳しくはこちら

肩こり

この記事に関する関連記事