【症例】リュックを背負う時、首を回すと腕に出るしびれと痛み 30代男性

主訴

  • 2年前から右首~肩、腕にかけてしびれと痛みがある。
  • 今まで様々な治療を受けてきたが、改善どころか変化すらない。
  • 整形外科では頚椎ヘルニアと診断を受けた。
  • トリガーポイントで検索して当院へ来院。

症状

日常的にしびれがある。

ビリビリするしびれである。

しびれと痛みが交ざっている。

リュックを背負う動作でしびれが強く出る。

右に首を回した状態で右に首を倒すとしびれが強く出る。

トリガーポイント鍼療法

  • トリガーポイント鍼療法
  • トリガーポイント鍼療法

施術部位

肩甲挙筋、頚板状筋、僧帽筋、頭半棘筋、棘下筋、前腕伸筋など。

運動検査の結果、肩甲挙筋のトリガーポイントが原因と考え、肩甲挙筋とその近くにある頚板状筋に対して、集中的にトリガーポイント鍼療法を行いました。

症状経過

1回目:鍼治療経験も豊富なため、しっかり患部に響かせる。

2回目:初回が10なら今は7か8くらい。今まで治療してきて全く変化がなかったのに、効果が現れてびっくりしているとのこと。左に首を倒すとしびれが強く出る。痛みの頻度は減少。

3回目:良くなっている。右に首を倒すとしびれる。

4回目:かなり良い。首を倒すとしびれが出るが、初回に比べて楽になった。

5回目:しびれ、痛みともなくなった。キーボードを打つので前腕の凝りが気になる程度。終了。

まとめ

週2回の鍼治療を行い、5回目は1週間後に来院されました。

当初の予定では、長期戦になりそうだから週1で続けていきましょうとのことでしたが、初回から効果が現れたため、週2の鍼治療で一気に改善していきました。

年単位で悪くなっている状態では、ここまで順調に回復することは稀です。

同じような症状でお悩みの方は、ご連絡ください。

腕のしびれについて詳しくはこちら

腕のしびれ

この記事に関する関連記事