【症例】整体カイロプラクティックで強く首を捻られマッサージされた後の首痛 60代女性

主訴

  • 半年前、整体カイロプラクティック院で首を強く捻られ、その後のマッサージも強く押さえられて以降、首が痛い。
  • 首が回らない。
  • 耳の下がひきつる。
  • トンネルの中に入っているような耳症状あり。
  • 耳鼻科や整形外科にも行ったが、原因がわからずストレスと言われた。
  • 仕事は、長い間デスクワークで、元々肩こりを自覚している。その都度、マッサージを受けたりしていたが、その日だけ強くされて負傷したとのこと。

症状

・首が回らないので、車のバックが難しい。

・首を左に回すと右肩甲骨上角が痛い。

・首を右に回すと右の胸鎖乳突筋が痛い。

・筋肉がこれ以上伸びないようなひきつる痛み。

トリガーポイント鍼療法

胸鎖乳突筋、肩甲挙筋からのMPSと判断し、トリガーポイント鍼治療を行いました。

胸鎖乳突筋トリガーポイント

触診にて胸鎖乳突筋の緊張と痛みが強く、

肩甲挙筋トリガーポイント

同時に、肩甲挙筋もパンパンに張っていました。

首を無理矢理強く捻じられますと、この2つの筋肉が損傷します。

寝違えに近いような痛みとなり、それがなかなか改善せず、長期を要します。

治療の流れとしては、まずうつ伏せで首~背部までのトリガーポイント治療を行い、次に横向きになり、胸鎖乳突筋に対してエコーガイド下筋膜リリース治療を行いました。

1回目:触診すると全体的な筋肉は柔らかいが、胸鎖乳突筋だけ異常に緊張が強い。乳様突起付近(耳の後方)にひきつり感が強い。

2回目:変化なし。耳下の張り感あり。両顎から乳様突起の間につっぱる感じあり。

3回目:初回より楽になっていると自覚。圧迫感がとれた。左右に向くときはまだ痛い。

4回目:良くなっている実感がありうれしい。僧帽筋と頭半棘筋沿いが気になる。

5回目:きつい眼鏡をかけた感じでスッキリしないときあり。仕事で夕方になるとつまり感出てくるが、初回に比べたらかなり改善された。

6回目:海外旅行に行ってきた。飛行機大丈夫だった。旅行中は気にならなかったが、帰国後少し痛みが出た。

一旦終了。

まとめ

目標として、海外旅行までに良い状態に持っていきたいという思いがあったため、完治はしていませんが、治療を終了しました。

整体やカイロプラクティックによる首の事故は、今回のケースのように筋肉を傷めたり、神経を傷つけたりすることがあり、何人か治療しました。

完治させるには、かなりの時間がかかるでしょう。

特に首や腰などの体の幹となる部分が関係する痛みは、継続して治療をする必要があります。

患者さんによっては、完全に痛みを取りたい方、早急にこの日までには少しでも楽になっていたいなど思いがあります。

当院は、そのような思いを汲み取り、患者さんのおかれている背景を考えて治療を進めています。

それぞれ治療のゴールが違うということです。

むちうち症について詳しくはこちら

むちうち症

この記事に関する関連記事