【症例】筋トレで傷めた首と肩の痛み 50代男性

主訴

  • 2ヵ月前に筋トレで過度な負荷をかけ過ぎて右首と肩を痛めた。(筋トレは半年前に始めた)
  • 痛みに耐えながら筋トレを継続していたら、ある日ズキッと痛くなりそれ以来中止している。
  • 早急に治してほしいと当院へ来院。

症状

肩を上げた状態でスマホを見ると痛い。

首と肩の動きで痛みは出ない。

トリガーポイント鍼療法

  • トリガーポイント鍼療法
  • トリガーポイント鍼療法

施術部位

僧帽筋、肩甲挙筋、頭半棘筋など。

首筋から肩にかけての筋肉に過度な緊張がありました。

ちょうどその部分には、僧帽筋と肩甲挙筋があります。

それらの筋肉に対して、トリガーポイント鍼療法を行いました。

症状経過

1回目:鍼治療が初めてだが、しっかり響かせる。

2回目:1週間後に来院。かなり痛みがとれた。たまに痛みが出る程度。終了。

まとめ

2回の鍼治療で終了としました。

今回は、傷めている部位が1ヵ所で原因の筋肉がすぐ把握できたため、早期に改善しました。

同じような症状でお悩みの方は、ご連絡ください。

首の痛みについて詳しくはこちら

首の痛み

この記事に関する関連記事