腕痛のトリガーポイントは首と肩と腕にある!

  • 肩こりがひどくて腕の付け根が痛い!
  • 腕があがらない!
  • 腕のしびれが辛い!

このような症状を抱えていませんか?

腕の痛みのトリガーポイントは、複数考えられます。

その中でも、首や肩こりに関係するトリガーポイントからの腕痛パターンと腕自体のトリガーポイントが原因のパターンがあります。

トリガーポイントは、痛みのある場所にはないことの方が多く、関連痛というかたちで遠くの場所に痛みを出します。

この記事では、腕痛に関係するトリガーポイントを解説しています。

是非、参考にしてみてください。

1.トリガーポイントは痛みの引き金になるポイント

トリガーポイントは痛みの引き金になるポイント

トリガーポイントとは、筋肉のコリのようなもので痛みの引き金になるポイントのことです。

トリガーポイントの一番の特徴は、トリガーポイントがある場所から違う場所に痛みを飛ばします。

そのことを、トリガーポイントからの関連痛といいます。

実際に感じている痛みは、関連痛ということを理解しておいてください。

2.首肩こりのトリガーポイントからの腕痛

2-1.首のトリガーポイントよる腕痛

首のトリガーポイントよる腕痛

✖がトリガーポイントで赤が関連痛です。

腕から指先まで痛みが広がっていることがわかると思います。

このように首のトリガーポイントから腕に痛みを出すことがあるのです。

2-2.肩のトリガーポイントによる腕痛

肩のトリガーポイントによる腕痛

首以外にも肩こりによる腕の痛みもあります。

2-3.肩のトリガーポイントによる腕痛

肩のトリガーポイントによる腕痛

五十肩や肩甲骨周りに痛みがある人は、このトリガーポイントが原因かもしれません。

腕の痛みは、首、肩、肩甲骨などの多くのトリガーポイントが関係しています。

3.腕のトリガーポイントからの腕痛

腕のトリガーポイントは、前面にある上腕二頭筋と後面にある上腕三頭筋にできます。

3-1.腕のトリガーポイントによる腕痛

腕のトリガーポイントによる腕痛

上腕二頭筋は、力こぶを作る筋肉で腕の前面にあります。

この筋肉にトリガーポイントができると、肩関節の前、腕の前面、肘から先まで痛みを出します。

3-2.腕のトリガーポイントによる腕痛

腕のトリガーポイントによる腕痛

上腕三頭筋は、二の腕の筋肉で腕の後面にあります。

上腕三頭筋は、肩こりから痛みが出る場合やこの上腕三頭筋から肩こりを感じる場合もあります。

日頃から肩こり持ちの方は、高確率でこの筋肉にトリガーポイントがある可能性が高いです。

4.まとめ

いかがでしたか?

腕の痛みは、首、肩、腕のトリガーポイントが関係していることが理解できたと思います。

腕の痛みを解消するためには、トリガーポイントを取り除く治療が必要になります。

腕の痛みでお悩みでしたら、ご相談ください。

肩の痛みについて詳しくはこちら

肩の痛み

この記事に関する関連記事