肩こりで脇の下が痛い原因と治療

肩こりで脇の下が痛い原因と治療

  • 肩こりがひどくて、最近脇の下まで痛くなった!
  • 脇の下が痛くなることってある?
  • 脇の下が痛くなる原因を知りたい!

このような症状でお悩みではありませんか?

実は、肩こりから脇の下が痛くなることがあります。

肩こりの悪化によって、脇の下に痛みが広がるパターンや脇の下付近に原因があるパターンもあります。

この記事では、肩こりで脇の下が痛い原因と治療について解説しています。

当院は、トリガーポイント専門の鍼灸院ですので、トリガーポイントをベースに説明しております。

是非、参考にしてみてください。

1.肩こりで脇の下が痛い原因

トリガーポイントとは、痛みの引き金になるポイントという意味です。

痛みがあるということは、どこかにトリガーポイントが存在するということです。

トリガーポイントは、筋肉や筋膜にできやすく、肩こりの場合は、首や肩、背中にできます。

肩こりになる方は、猫背の人が圧倒的に多いです。

猫背になると、背中の筋肉が張った状態となり、逆に胸の筋肉(大胸筋)が縮こまった状態となります。

1.肩こりで脇の下が痛い原因

この図は、大胸筋にできたトリガーポイントがどこに痛みを出しているのかわかりやすくしたものです。

赤いところが痛みが出ている部分です。

脇に痛みが飛んでいることがわかると思います。

1.肩こりで脇の下が痛い原因

また、肩甲下筋という筋肉にトリガーポイントができた場合も脇に痛みが出ることがあります。

肩甲下筋は、肩関節を動かす筋肉で、五十肩などでトリガーポイントができやすいです。

普段から肩をあまり回したりしていない人は、この肩甲下筋が原因かもしれません。

肩こりで脇の下が痛い原因は、

  • 大胸筋トリガーポイント
  • 肩甲下筋トリガーポイント

中には、首の筋肉から脇に痛みが出ていることもありますが、ほとんどこの2つのパターンです。

2.肩こりで脇の下が痛いときの治療

当院は、トリガーポイント鍼療法で施術しております。

まず、エコーでトリガーポイントを探していきます。

2.肩こりで脇の下が痛いときの治療

トリガーポイントは筋膜にできるので、エコーで確認するとこのように写ります。

筋膜は、筋肉を包んでいる膜です。

表面に筋膜があり、その下に筋肉が見えます。

異常がある筋膜は、分厚く写りますので、この部分がトリガーポイントになります。

トリガーポイントを確実に治療するためには、目で見て確認することが大切です。

当院では、エコーで観察してから鍼治療をしていきますので、安心して受けることができます。

3.まとめ

いかがでしたか?

肩こりで脇の下が痛い原因と治療について解説しました。

是非、参考にしてみてください。

肩こりについて詳しくはこちら

肩こり

この記事に関する関連記事