背中の痛みで息苦しい原因と治療

背中の痛みで息苦しい原因と治療

  • 背中が痛くて息苦しい!
  • 呼吸がしにくい!

このような症状でお悩みではありませんか?

背中が痛く、圧迫されて息苦しさを感じる方が多いです。

その原因は、背中の筋膜にあります。

この記事では、背中の痛みで息苦しい原因と治療について解説しています。

是非、参考にしてみてください。

  • 1.背中の痛みで息苦しい原因
  • 1.背中の痛みで息苦しい原因
  • 1.背中の痛みで息苦しい原因

背中の痛みは、筋肉を包んでいる筋膜に原因があります。

背中には多くの筋肉が走行しています。

その筋肉の表面には筋膜という膜があります。

1.背中の痛みで息苦しい原因

筋膜は、隣り合った筋肉と筋肉の間にあるので、エコーではこのように写ります。

正常な筋膜が一定の厚さであるのに対して、異常な筋膜は分厚く見えます。

分厚く写る理由は、筋膜同士の癒着が起こっているからです。

例えば、長時間不良な姿勢を続けていると、筋膜は縮こまりシワのようになります。

すると、筋肉を動かしたときに筋膜間での滑りが悪く、動かしにくくなってしまいます。

その結果、筋膜同士の癒着が起こり、エコーで確認すると分厚く写ります。

特に首や背中は、たくさんの筋肉が重なり合っているので、デスクワークなど同じ姿勢を続けている方は、背中の筋膜癒着が起こりやすくなります。

そのままの状態にしておくと、痛みとなり圧迫感が出始めます。

背中の前面には、肺など呼吸器系の臓器があるので、息苦しさや呼吸がしにくい原因となります。

2.背中の痛みで息苦しいときの治療

背中の痛みと息苦しさを改善するためには、背中の筋膜を緩める治療が大切です。

当院では、鍼治療によって筋膜を緩める治療をしております。

ストレッチや筋膜リリースなどの手技で緩めることもできますが、奥の筋膜まで緩めるためには鍼治療がおすすめです。

当院では、エコーを使って筋膜異常を探し出し、その部分にピンポイントで鍼を打っていくので、初めての方でも安心して受けることができます。

3.まとめ

いかがでしたか?

背中の痛みで息苦しい原因と治療について解説しました。

是非、参考にしてみてください。

背中の痛みについて詳しくはこちら

背中の痛み

この記事に関する関連記事