【症例】体を捻ったときの背中の痛み 50代男性

主訴

  • 3ヵ月前から上体を左右に捻ったときに背中が痛い。
  • 昨年からデスクワークの時間が増えたこととゴルフが原因と思う。
  • 昔から運動を良くしている。

症状

特に背中と腰の境目が痛い。

上体を左右に捻ると痛い。

上体を右に捻り後ろに反らすときが一番痛い。

トリガーポイント鍼療法

  • 多裂筋トリガーポイント
  • 最長筋トリガーポイント

施術部位

背部多裂筋、最長筋、腸肋筋など

背中の筋肉の疲労に蓄積による痛みと考え、トリガーポイント鍼療法を行いました。

症状経過

1回目:鍼治療に慣れているので、しっかり響かせる。

2回目:ちょっと軽くなった。痛みの場所が上方へ移動した。

3回目:寒くなると痛みが増強。日常生活よりゴルフ時に痛みを感じる。

4回目:3日間完全に痛みがなかった。その後少し戻った。

5回目:かなり楽になった。一旦様子見。

まとめ

広い範囲に痛みがあったので、治療ごとに痛みの場所を追っかけながら、施術をしていきました。

デスクワークやゴルフで、背中が痛くなる方が非常に多いです。

そのほとんどが筋肉に原因があります。

鍼治療で良くなりますので、同じような症状でお困りの方は、ご連絡ください。