【症例】軽いぎっくり腰後の不安感からくる背中~腰の痛み 50代女性

主訴

  • 2週間前に軽いぎっくり腰になり、背中~腰までが痛い。
  • 痛みが移動している。右腰→首→今は腰全体が特に痛い。
  • 背中まで硬くなっている感じがする。

症状

・腰と骨盤の間が痛い。

・腰の動きによる痛みはそこまで感じない。

・体全体が硬くなっている感じがする。

・不安感が強い。

トリガーポイント鍼療法

多裂筋トリガーポイント

多裂筋のMPSと判断し、トリガーポイント鍼治療を行いました。

多裂筋は、体の奥にあり、首から腰まで全体に付いていますので、腰が痛くても背中の方が気になったりする場合は、この多裂筋トリガーポイントが原因です。

【治療部位】

多裂筋、最長筋など

1回目:腰の痛みは和らいできたが、今度は首と肩と背中が気になるようになった。

2回目:鍼治療後は、かなり調子が良い。首から腰まで全体的に治療を行う。

3~4回目:調子良い。体を動かすことへの不安感がなくなった。

一旦終了。

5回目:1ヵ月後来院。特に何をしたわけでもなく、また腰が痛くなり背中の方まで痛みが上がってきている感じがする。

6回目:前回の鍼治療後、痛みがなくなったが、今日また痛くなり歩くのもしんどい。

7回目:鍼治療2日後から痛みがなくなった。

一旦終了。

8回目:2ヵ月後、予防もかねて来院。

9回目:2ヵ月後、予防もかねて来院。

10回目:1ヵ月後、予防もかねて来院。

現在、メンテナンス中。

まとめ

一度ぎっくり腰になると、「またあの痛みが再発したら」と不安になるものです。

その不安感が症状の改善の妨げになることもあります。

過度の不安は、筋肉を硬くさせ、治りが悪くなるだけでなく、慢性腰痛になります。

当院では、多少の痛みがあっても動くよう指導しています。

それでも不安が残る方は、1.2ヵ月に1回でも治療して、リセットしておくと良いでしょう。

快適に過ごせるようになります。

腰痛・ぎっくり腰について詳しくはこちら

腰痛・ぎっくり腰

この記事に関する関連記事