【症例】寝ているときだけ痛い腰痛 50代男性

主訴

  • 3週間前から寝ているときだけ右腰が痛い。
  • 元々腰痛持ちでストレッチをして寝るようにしてから痛みがなかった。
  • 内科で内臓を調べたが、異常はなかった。

症状

左に上体を倒すと右腰が痛い。

背中と腰の中間あたりが痛い。

トリガーポイント鍼療法

  • 多裂筋トリガーポイント
  • 最長筋トリガーポイント

施術部位

多裂筋、最長筋、腸肋筋、腰方形筋など

筋肉を触ると、右側のみ以上に張りがあるため、筋緊張による腰痛と判断し、トリガーポイント鍼療法を行いました。

症状経過

1回目:しっかりと響かせる。

2回目:5日後に再来院。寝るときの痛みが完全になくなった。多少痛みが側面に移動した。一旦様子見。

まとめ

寝るときに痛みがあると、睡眠の障害になります。

今回のケースは、筋肉の緊張が原因でしたので、鍼治療によって早期改善できました。

同じような症状でお困りの方は、ご連絡ください。

腰痛・ぎっくり腰について詳しくはこちら

腰痛・ぎっくり腰

この記事に関する関連記事