【症例】腰を後ろに反れない腰痛 50代女性

主訴

  • 2ヵ月前から寝返りや乗車姿勢で腰が痛い。
  • 後ろに腰を反ることができない。
  • 30年前にぎっくり腰の経験があり、それ以来の腰痛である。
  • 職場の方の紹介で当院へ来院。

症状

痛くて腰を後ろに反ることができない。

前かがみの姿勢が痛い。

日によって波がある。

最近は、常に痛い。

トリガーポイント鍼療法

  • 多裂筋トリガーポイント
  • 大殿筋トリガーポイント

施術部位

多裂筋、最長筋、腸肋筋、大殿筋、中殿筋など。

運動検査では痛みで全く後ろに反ることができませんでした。

まずは、筋肉の緊張を取り、腰の動きの制限を解消することを目的に、トリガーポイント鍼療法を行いました。

症状経過

1回目:しっかり響かせる。

2回目:1日だけ調子が良かった。

3回目:痛みが軽減している。靴下を履く動作で痛い。後ろにはまだ反れない。

4回目:起床時の痛みが強い。

5回目:楽になってきている。

6回目:車の乗り降りもスムーズになってきた。

7回目:後ろに反ることもできるようになり、痛みがなくなった。終了。

まとめ

初回は週2、その後週1で鍼治療を行いました。

腰の筋肉がとても硬くなっており、鍼治療にて緊張が取れてきてから、痛みも改善しました。

同じような症状でお困りの方は、ご連絡ください。

腰痛・ぎっくり腰について詳しくはこちら

腰痛・ぎっくり腰

この記事に関する関連記事