【症例】農業による腰痛と足のしびれ 70代男性

主訴

  • 農業での酷使によって、腰痛と右お尻~足にかけてしびれがある。
  • 昨年までジムに通っていたが、痛くなり辞めた。
  • 昔、2回から落ちたり、バットで叩かれたりして、腰には常に違和感があった。
  • 知人の紹介にて来院。

症状

腰痛は、下の方(仙骨周辺)が痛い。

右足が全体的にしびれる。

足先が冷たい。

前かがみの姿勢で痛みが誘発される。

トリガーポイント鍼療法

  • 多裂筋トリガーポイント
  • 大殿筋トリガーポイント

施術部位

多裂筋、最長筋、腸肋筋、大殿筋、中殿筋など

腰の大きな筋肉である脊柱起立筋やお尻の筋肉である大殿筋、中殿筋に対してトリガーポイント鍼療法を行いました。

症状経過

1回目:しっかり響かせる。

2回目:足のしびれが軽減した。腰はベルトのラインが痛む。

3回目:しびれは減少傾向で、腰痛はロキソニンを飲んでいるので、鍼治療と相乗効果もあって今はない。

4回目:しびれがなくなった。腰痛はないが、腰に力が入らない感じがする。

5回目:ふくらはぎがよくつる。腓腹筋に鍼を追加。

6回目:調子良い。ちょっと気になる程度。

7~8回目:月1でメンテナンスを2回行う。終了。

まとめ

鍼治療の周期は、初めは週1、調子が安定してから2週に1回、その後メンテナンスを月1で2回行いました。

鍼治療を続けていくことで、筋肉の緊張がとれ柔軟性が良くなり、症状も改善しました。

長年農業を続けてこられると、体の酷使は避けて通れません。

長く続けていくためには、定期的なメンテナンスも大切です。

同じような症状でお困りの方は、ご連絡ください。

腰痛・ぎっくり腰について詳しくはこちら

腰痛・ぎっくり腰

この記事に関する関連記事