【症例】腰部脊柱管狭窄症による右足の痛みとしびれ 50代女性

主訴

  • 脊柱管狭窄症と診断を受けた。
  • 半年前にバイクで転倒し、その1ヵ月後から症状が出始めた。
  • 仕事柄重い物を持つことが多く、今まで腰を酷使してきた。
  • 病院の他、整骨院やマッサージを受けてきた。
  • 血液の流れを良くする薬を飲んでいる。
  • 少しでも今ある症状を楽にしたいと思い、来院。

症状

腰の痛みと右お尻、太もも裏、膝下の外側のラインに沿って痛みとしびれが交ざっている。

座る姿勢が辛い。

歩くと痛みが強くなる。

日によって症状が変化しやすい。

腰を前かがみにするのは大丈夫だが、後ろに反ると痛みが強く出る。

トリガーポイント鍼療法

  • 多裂筋トリガーポイント
  • 中殿筋トリガーポイント

施術部位

多裂筋、最長筋、大殿筋、中殿筋、腸脛靭帯、前脛骨筋、腓骨筋など

腰の筋肉(多裂筋)とお尻の筋肉(中殿筋)のトリガーポイントをメインに施術しました。

症状経過

1回目:鍼が初めてだったが、早く治したいとのことで刺激量も強めに行う。

2回目:鍼後2日しんどかったが、その後症状が劇的に減った。始めの痛みが10なら2になった。

3回目:仕事をやめて楽になった。歩くとすぐ痛みが出ていたが、今は1時間以上歩ける。症状が安定したので終了。

まとめ

週1で3回治療しました。

脊柱管狭窄症と診断を受けていても、原因が違う場合があります。

それが今回の症例でした。

今回のようにすんなり改善するケースは稀ですが、筋膜に原因がある症状は少しずつ改善していきますので、同じような症状でお悩みの方は、ご連絡ください。

腰部脊柱管狭窄症について詳しくはこちら

腰部脊柱管狭窄症

この記事に関する関連記事