すねの張り解消ストレッチ3選

  • すねがよくつる!
  • だるくなる!
  • ムズムズする!
  • 張りが強い!

このような悩みを抱えていませんか?

すねのストレッチは意外と難しいですよね。

正しいやり方を理解すれば、自分でケアすることができるようになります。

この記事では、簡単にできるように、すねの張り解消ストレッチ3選をご紹介します。

是非、参考にしてみてください。

1.すねの筋肉は前脛骨筋

すねの筋肉は前脛骨筋

そもそもすねはどの筋肉でしょう?

すねの外側にある「前脛骨筋」という筋肉です。

前脛骨筋は、膝の下からすねの外側を通り、親指に向かって付いています。

この筋肉が硬くなると、足の甲の痛みや足首の硬さに繋がります。

ヒールを履くことが多い人は、ふくらはぎとともに筋肉がパンパンに張ってしまいます。

すねがつったりする前に、早めにストレッチをして解消してください。

2.すねの張り解消ストレッチ3選

すねのストレッチは、伸ばす方向によって微妙に伸びる感じ方が違います。

シンプルに解説しますので、いろいろ試してみてください。

じわっと伸びていると感じる程度で、10秒3セットを目安に実践してみてください。

2-1.すねの張り解消ストレッチ①

すねの張り解消ストレッチ①

左足を伸ばした状態で、右膝を曲げ左足の上に置きます。

すねの張り解消ストレッチ①

両手で右足の指先寄りを持ち、手前に引いて前脛骨筋を伸ばします。

このとき、足の親指も曲げるように伸ばすと、より伸びている感覚が得られます。

2-2.すねの張り解消ストレッチ②

すねの張り解消ストレッチ②

左足を立て、丸めたタオルを右膝の下に入れて、正座のような形をとります。

すねの張り解消ストレッチ②

右肘を右太ももの上に置き、体重をかけながら前脛骨筋を伸ばします。

このとき、足の親指の甲側を伸ばすイメージで行うと、より効果的です。

2-3.すねの張り解消ストレッチ③

すねの張り解消ストレッチ③

硬めに丸めたタオルを足の甲に入れ、正座のような形をとります。

体重をやや前方にかけて、足の指を持って上へ反らします。

3.まとめ

いかがでしたか?

スタンダードなストレッチとタオルを使うストレッチをご紹介しました。

ストレッチは、筋肉が温めっているお風呂上がりに行うと効果的です。

是非、継続して実践してみてください。

それでもすねの張りが解消しない場合は、ご連絡ください。