【症例】左お尻~ハムスト外側~ふくらはぎ、アキレス腱、足の甲の痛み 30代男性

主訴

  • 2週間前から左お尻~ハムスト外側~ふくらはぎ、アキレス腱、足の甲にかけて痛みが強い。
  • 左母趾付け根が麻痺っぽい感じ。感覚異常あり。
  • とにかく歩くとき体重がかかった瞬間に激痛。
  • しびれはない。
  • 2年前、腰が激痛でヘルニアの緊急手術をした経験あり。その後2年で再発。年に2回ほど激痛になる。

症状

・歩行で激痛

・腰部を前と後ろに反るとお尻に痛みが出る。

・腰部を右に捻るとふくらはぎに痛みが出る。

・腰部を左に捻るとお尻に痛みが出る。

トリガーポイント鍼療法

大殿筋からのMPSと判断し、トリガーポイント鍼治療を行いました。

【治療部位】

大殿筋、中殿筋、ハムスト、腓腹筋、腓骨筋、前脛骨筋など

大殿筋トリガーポイント

身体の中で一番大きな筋肉である大殿筋トリガーポイントと、

中殿筋トリガーポイント

その大殿筋の横にある中殿筋トリガーポイントが原因で足まで痛みが出ていました。

お尻から足にかけて症状が出るときは、大殿筋や中殿筋のトリガーポイントが原因のことがほとんでです。

1回目:エコーガイド下で大殿筋と中殿筋筋膜癒着部に対し置鍼。腓腹筋に響く。

2回目:2日続けて来院。殿部の痛みはなくなったとのこと。今日は、アキレス腱と外くるぶしの裏(踵から10㎝上方まで)が痛い。前回と同じように鍼を打ち、エコーガイド下で腓骨筋腱を集中して置鍼。アキレス腱へ痛みの再現があることから、腓骨筋腱からの関連痛。

まとめ

痛みが強く歩くことが難しいことから、2日続けて治療を行いました。

治療後から効果が現れ、2回の治療でも大きな痛みの軽減がみられました。

このような症状は、通常もう少し時間がかかります。5回ほど治療が必要なところを2回で改善できたことはお互いびっくりしました。

改めて、痛みの根本に鍼が当たったときは鎮痛効果が高いことがわかる症例でした。

腰椎椎間板ヘルニアについて詳しくはこちら

腰椎椎間板ヘルニア

この記事に関する関連記事