【症例】お尻から足の痛みで夜も眠れない腰部脊柱管狭窄症 70代男性

主訴

  • 2年前に腰部脊柱管狭窄症と診断され、リハビリやいろんな場所で治療を受けてきて症状は治まっていた。
  • 3日前にストレッチ教室で無理して筋肉を伸ばし、その後ゴルフの練習をした夜に再発した。
  • お尻から足にかけて痛みが強く、夜も眠れない状態なので、何とかならないかと当院へ来院。

症状

両方のお尻、太もも裏、ふくらはぎが痛い。

椅子に座るのは痛くないが、仰向けで寝る姿勢が一番辛い。

腰の動きで痛みの悪化はない。

歩行も問題ない。

トリガーポイント鍼療法

  • トリガーポイント鍼療法
  • トリガーポイント鍼療法
  • トリガーポイント鍼療法

施術部位

多裂筋、大殿筋、大殿筋付着部、梨状筋、中殿筋、ハムスト、腓腹筋など。

エコー検査の結果、腰とお尻の筋肉に異常が確認できました。

腰から足にかけて広範囲にトリガーポイント鍼療法を行いました。

症状経過

1回目:しっかり響かせる。

2回目:2日後に来院。夜眠れるようになった。

3回目:5日後に来院。激痛はなくなった。今は再発が心配。

4回目:2週間後に来院。安定している。

5回目:2週間後に来院。多少の痛みはあるが維持できている。

6回目:1ヵ月後に来院。まずまず。調子良い。

まとめ

急激な痛みだったため、初めは間をつめて通っていただき、状態の安定とともに間隔をあけて来院してもらいました。

痛みが取れてからも腰部脊柱管狭窄症を患っていることもあり、再発への不安感があったため、メンテナンス治療を行い、終了といたしました。

同じような症状でお悩みの方は、ご連絡ください。

腰部脊柱管狭窄症について詳しくはこちら

腰部脊柱管狭窄症

この記事に関する関連記事