【症例】野球の冬練で発症したシンスプリント 10代男性

主訴

  • 2週間前から右すねの内側が痛い。
  • 整形外科では、シンスプリントと診断され、骨には異常なく筋肉の炎症と言われた。
  • 中学生でクラブチームで野球をしており、冬なので走る量が増えたことが原因と思われる。

症状

歩いていても痛い。

すねの内側の足首寄りが痛い。

押さえると激痛が走る。

トリガーポイント鍼療法

シンスプリントのトリガーポイント

施術部位

すねの骨は、脛骨(けいこつ)といいます。

この脛骨の内側を足首側から膝にかけて触っていくと、激痛の箇所が足首寄りにありました。

この部分で痛みが出ているため、その部位とその周りの筋肉にトリガーポイント鍼療法を行いました。

症状経過

1回目:週1.2回で通院を勧める。

2回目:歩くとまだ痛みがある。冷やすよう指導。

3回目:前より痛みが取れてきた。歩行時や押さえるとまだ痛い。

4回目:歩行時の痛みがないときもある。圧痛あり。

5回目:だいぶ痛みが取れてきた。

6回目:歩行時の痛みなし。右足に過重をかけても痛みなし。ランニングを開始するよう指導。

7回目:5分走ると痛みが出る。悪化はしていない。

8回目:軽いランニングは痛くない。6割の力でダッシュすると痛みがある。

9~10回目:7割の力でダッシュすると痛い。

11~12回目:9割でダッシュすると痛い。続けて走ると痛みが出そうな感じがする。

13回目:全体練習に参加した。全力でダッシュできるが続けては無理そうな感じ。

14回目:一通りの練習はできるようになった。走ることは少し力を抜いている。

15回目:不安なく走れるようになった。終了。

まとめ

初回から終了まで2ヵ月程かかりました。

歩いても痛い状態だったので、週2回を目安に通院してもらいました。

少しずつ段階を踏み、足への強度も上げていくことで、どのくらいの運動で痛みが出るのか確認しながら施術を行います。

特に冬場はシンスプリントが頻発します。

ランニング量も増えますので、痛みが出た場合は鍼治療をおすすめします。