【症例】腰部脊柱管狭窄症とヘルニアによる足の付け根とお尻の痛み 50代男性

主訴

  • 定期的に受けている整体後、右足の付け根に多少の違和感があり、翌日に激痛に変わった。
  • すぐ整形外科に行き、腰部脊柱管狭窄症でヘルニアによって痛みが出ていると診断された。
  • リハビリを2回受けたが変化がなく痛みが辛い。
  • このままでは手術と主治医に言われたので不安になり、以前妻が当院で改善したため、妻の勧めで当院へ来院。

症状

右足の股関節周りとお尻に痛みが集中している。

腰を右に捻ると痛い。

腰を右に捻った状態で後ろに反ると痛い。

触診では特に痛みが悪化することはないが、お尻周りの筋肉の緊張が強い。

トリガーポイント鍼療法

  • トリガーポイント鍼療法
  • トリガーポイント鍼療法
  • トリガーポイント鍼療法

施術部位

大殿筋、中殿筋、大腿筋膜張筋、梨状筋、大腿直筋、多裂筋、腸脛靭帯、腓骨筋など。

触診やエコー検査の結果、お尻から股関節周りの筋肉に原因がありました。

またぎっくり腰を何回か経験しているとのことで、腰の筋肉も緩める必要がありました。

その部分を中心にトリガーポイント鍼療法を行いました。

症状経過

1回目:うつ伏せで症状が強く出るので、横向きでしっかり響かせる。

2回目:痛みが移動し太もも前面と下肢外側が強く痛む。

3回目:前回より楽になった。梨状筋を集中して刺鍼。

4回目:良かったり悪かったりを繰り返している。今はお尻の痛みより太もも前面やや外側、下肢の方が痛みが強い。大腿筋膜張筋を集中して刺鍼。

5回目:立った時の痛みがかなり減った。座った状態で足を上げる動きは手で支えないとできない。

6回目:痛みの波がある。大転子あたり集中して刺鍼。

7回目:痛みの波がなくなった。安定している。少しずつ体を動かすように指導。

8回目:太もも前面や膝周りに重い痛み。ここまで週2回治療。次回より週1治療に間隔をあける。

9回目:歩行で痛みはない。生活の動きの中で全体的にだるい痛みがある。

10回目:瞬間的な動きで、股関節周りと太ももへ痛みが走る程度。日常生活に支障なし。

11回目:2週間後に来院。昨日は歩行時に痛みがあったが状態は安定している。

12回目:今まで感じていた痛みは完治。足上げ腹筋で太もも前面中央ラインに痛みが出る。昔肉離れしたことがある。

13回目:調子良い。終了。

まとめ

初回は歩くのも辛い状態でかなり悪い印象でした。

リハビリもうまくいかず、切羽詰まった状態でしたので、少しでもいいから早く痛みを楽にする必要がありました。

週2回の鍼治療を継続することで、徐々に痛みが緩和していきました。

その過程で、痛みが多方向に移動しました。

痛みが移動するという感覚は状態が快方に向かっている証拠です。

痛みは一番悪い部分を痛いと感じるので、そこが良くなると2番目、3番目と変化していきます。

そこを追って治療することで、完治することができました。

腰部脊柱管狭窄症とヘルニアの両方を患っている状態なので、10回以上は治療が必要です。

同じような症状でお悩みの方は、諦めずご連絡ください。

腰部脊柱管狭窄症について詳しくはこちら

腰部脊柱管狭窄症

この記事に関する関連記事