【症例】右お尻のチクチク刺す痛み、右足の甲のしびれ 60代男性

主訴

  • 2週間前から右お尻がチクチク刺すような痛み、右足の甲にしびれがある。
  • 1週間前から痛みが酷くなり、動けなくなった。
  • 何年も前に同じような症状があったが、そのときは自然と痛みは消えた。
  • 病院で腰椎椎間板ヘルニアと診断され、ブロック注射をしたが、2日後痛みがぶり返してきた。

症状

・腰痛はない。

・とにかく安静時(座っているとき、寝るとき)が痛みが強い。

・腰を前に屈めると、右もも裏~ふくらはぎにかけて痛い。

・右に身体を倒すと右お尻が痛い。

・腰を後ろに反ると右お尻が痛い。

・腰を右に捻ると右お尻が痛い。

トリガーポイント鍼療法

右大殿筋からのMPSと判断し、鍼治療を行いました。

大殿筋トリガーポイント

お尻を形作っている大きな筋肉です。

この大殿筋にトリガーポイントができると、足まで痛みやシビレが出ます。

ヘルニアだと思っていてもこの大殿筋トリガーポイントが原因で症状が出ているケースが非常に多いです。

1回目:うつ伏せで治療するも途中で痛みが強くなったため、横向きで治療再開。しっかりと響かせる。

2回目:初回よりだいぶ良くなったが、やっぱり痛い。昨日病院でブロック注射を打ってもらったが、余計足の甲がしびれてきている。前脛骨筋追加。

3~4回目:前回と変わらずチクチクした痛みあり。お尻全体が痛いように感じる。

5回目:昨夜は足の痛みが酷かった。

6回目:前回よりだいぶ楽になっている。足のしびれがなくなってきた。

7回目:足の甲のしびれより脛が痛む。

8回目:痛みがコロコロ変わる。

9回目:痛む場所が日によって変わるが、日常生活に支障がなくなった。

一旦終了。

まとめ

週に2回鍼治療を行いました。

初回は同じ姿勢でいることが辛いほど症状が酷かったのですが、2回目以降は痛みが軽減いたしました。

広範囲に痛みが広がっており、毎回痛みの場所が変わっていたため、腰から下全体を治療することで痛みも少しずつ取れていきました。

初回は杖をつかないと楽に歩けない状態でしたが、継続治療にて改善しました。