腰痛が長引く原因と治療

腰痛が長引く原因と治療

  • なかなか腰痛が治らない!
  • ストレッチなどやっているが効果がない!
  • この腰痛が続く原因を知りたい!

このような悩みを抱えていませんか?

安静にしていても腰痛はなかなか楽になりません。

長引く腰痛の原因は、筋膜にあります。

この記事では、腰痛が長引く原因と治療について解説しています。

是非、参考にしてみてください。

1.腰痛が長引く原因

腰が痛くなった原因がわかる場合は、治りが早いのですが、なぜ痛くなったかわからない場合は、なかなか治りません。

そんなときは、普段の生活習慣を振り返ってみてください。

  • 同じ姿勢が多い。(デスクワーク、運転など)
  • 繰り返し動作、同じ動きが多い。
  • 運動不足
  • 冷え

代表的な考えられる原因です。

これらは、筋肉が血行不良を起こして硬くなるので、痛みが続きます。

筋肉が硬くなる原因は、筋膜にあります。

筋膜とは、筋肉を包んでいる膜のことです。

腰痛が長引く原因

これは、腰のエコー画像です。

表面に筋膜があり、その下に筋肉があるのがわかると思います。

同じ姿勢や繰り返し動作が多いと、この筋膜がよじれてシワのようになります。

その結果、筋肉を締め付けるようになり、筋肉が硬くなるのです。

長引く腰痛は、筋肉をほぐすより、筋膜を緩めることが大切です。

自分で予防する方法として、筋膜ストレッチがあります。

あくまで予防としてストレッチを取り入れ、痛みの改善には慢性的にならないよう早期の治療が必要です。

2.長引く腰痛の治療

当院では、トリガーポイント鍼療法で長引く腰痛を改善していきます。

トリガーポイントとは、痛みの引き金になるポイントという意味です。

トリガーポイントは、筋膜にできます。

長引く腰痛の治療

この図は、✖がトリガーポイントで、赤が痛みを出している場所になります。

腰痛が長引くと腰だけでなく、お尻まで痛みが広がることがあるので、我慢してはいけません。

当院は、まずエコーで筋膜の異常を探し、ピンポイントで狙うことで、確実な鍼治療ができます。

トリガーポイントに鍼が当たると、ズーンとした響きを感じ、筋膜が緩んでいくことで、痛みが緩和します。

3.まとめ

いかがでしたか?

長引く腰痛の原因と治療が理解できたと思います。

今の状態のまま我慢していると、慢性腰痛に移行しますので、お早めにご連絡ください。

腰痛・ぎっくり腰について詳しくはこちら

腰痛・ぎっくり腰

この記事に関する関連記事