坐骨神経痛

坐骨神経痛トリガーポイント療法

坐骨神経痛トリガーポイント療法

当院は、広島市中区上八丁堀にある坐骨神経痛専門の鍼灸院です。

  • 長時間座ると痛い!
  • 歩くと足が痛くしびれる!
  • 坐骨神経痛がなかなか治らない!

このような症状でお悩みではないですか?

坐骨神経痛を治すには、鍼灸、マッサージ、電気治療、整体、ストレッチ…

実に様々な施術方法があります。

実際どれが効果的なのか、正直迷うのではないでしょうか?

私は、「正しい理論」に裏付けられた施術方法こそ、坐骨神経痛にとって最良の方法と考えております。

当院の坐骨神経痛施術に興味をお持ちの方は、是非、参考にしてみてください。

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは

坐骨神経とは、人間の体の中で一番太い神経で、腰からお尻、太ももの後ろを通り、枝分かれしながら足先まで繋がっています。

その坐骨神経が圧迫や刺激によって、下半身の坐骨神経の通る道沿いに痛みやしびれが現れる症状を坐骨神経痛といいます。

坐骨神経は、一番太い場所で2㎝ほどの太さがあり、全長は1mもあります。

坐骨神経痛で耐えられないほどの激しい痛みやしびれが現れる理由は、この太さと長さが関係していると考えられています。

坐骨神経痛の原因とは

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛は、様々な原因で症状が現れますが、特に普段の生活での姿勢や筋肉の酷使が坐骨神経痛の一番の原因です。

その中でも大きく3つ原因があげられます。

脊柱管狭窄症

高齢になると、腰部脊柱管狭窄症が原因となって発症します。

脊柱管には、背骨(頚椎から腰椎)の間を通っている神経(脊髄)が入っています。

腰部脊柱管狭窄症とは、腰にある脊柱管が狭くなって神経が圧迫され、痛みやしびれ、麻痺、歩行障害が出る症状です。

加齢による現象で50代以降に発症しやすい特徴があります。

腰椎椎間板ヘルニア

年齢が若い場合は、腰椎椎間板ヘルニアが原因となって発症します。

椎間板は、背骨と背骨の間にあり、クッションの役割をしています。

その椎間板の中に髄核というものがあり、その髄核が押し出されて脊柱管の中の神経を圧迫することで、痛みやしびれが現れます。

この状態が腰で起こっているため、腰椎椎間板ヘルニアといいます。

梨状筋症候群

お尻にある梨状筋という筋肉の間を坐骨神経が走行しており、この部分で坐骨神経が圧迫されて、痛みやしびれが現れます。

生活習慣、スポーツやケガなどが要因となります。

その他

脊椎や脊髄の癌や骨盤の癌などでも坐骨神経痛が起こりますが、非常にまれです。

坐骨神経痛の症状とは

坐骨神経痛の症状

お尻や太もも、ふくらはぎ、すねなどお尻から下半身全体に痛みやしびれが現れます。

痛みやしびれ以外に冷感や熱感、筋肉の張り感、締め付けられるような圧迫感など、一部分だけに強く感じたり、下半身全体に感じたりと症状の現れ方は様々です。

足が痛み、少し歩くと歩けなくなる

足が激しく痛み、少しの距離でも歩けなくなります。

このことを間欠性跛行といいます。

腰部脊柱管狭窄症の特徴的な症状です。

痛みで歩くのをやめて前かがみになると、症状が軽くなりまた歩けるようになります。

腰を動かすと下半身が激しく痛む

腰に原因がある場合、腰を動かすたびにお尻から足にかけて痛みが現れます。

腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症が原因となりますが、腰の筋肉に原因があることがあります。

安静時でも常に痛みやしびれがあり、眠れない

動いているときだけでなく、座っているときや横になって休んでいるときでも痛みが現れます。

また、薬が効かない傾向にあります。

初期は薬の効果を実感していたものの、次第に効果が薄れてきて薬を強くすることが多いです。

早めに薬以外の治療をするべきです。

チリチリする痛みや冷感など感覚が鈍くなる

神経の障害で現れる症状です。

鈍痛などは筋肉が原因の場合が多いですが、ピリピリ、チクチク、チリチリなどの感覚は、神経に原因があります。

また、触ったときの感覚や筋力に左右差が出ることがあります。

長時間座ると痛みが強くなる

お尻の筋肉に原因がある症状です。

普段から座ることが多い人は、常におしりが圧迫されており、筋肉が血行不良に陥っています。

筋肉の緊張を緩和する治療をすると、改善します。

一般的に坐骨神経痛は、神経の圧迫が構造上の原因ではありますが、神経は圧迫されても痛んだり、しびれが出ることはありません。

神経が圧迫されると「麻痺」が起こります。

麻痺とは手足を動かすことができない障害です。

このような麻痺状態では鍼治療は不適応です。

一般的な坐骨神経痛の施術方法

一般的な坐骨神経痛の施術方法

坐骨神経痛の治療は、まず今の症状を和らげることを目的に施術が行われます。

いきなり、手術をすることはありません。(膀胱直腸障害がある場合は手術検討)

保存療法(手術以外)から始め、症状が緩和しない場合に手術が検討されます。

薬物療法

まずは、痛み止めから始まります。

今ある症状を和らげるには、薬からということです。

痛み止め(鎮痛薬)、神経の痛みを和らげる薬、筋肉の緊張を和らげる薬など症状に応じて処方されます。

神経ブロック

症状が強い場合は、痛みが伝わる神経をブロックするために注射を打ちます。

神経周辺に局所麻酔薬を打ち、痛みをなくす方法です。

通常は薬と併せて行います。

トリガーポイント注射もこの一部です。

整形外科やペインクリニックで行われています。

理学療法(リハビリ)

理学療法士によって、運動機能の回復を目的に行います。

医師や理学療法士の指導のもと、症状の変化をみながら、電気治療や運動療法などが行われます。

鍼治療

鍼治療は、鍼灸院か病院でも行っているところがあります。

薬物療法や神経ブロックでも効果が出ない場合は、鍼治療を選択する方が多いです。

坐骨神経痛と鍼治療の相性は良く、選択肢のひとつです。

手術

初期から膀胱直腸障害(尿漏れなど)がある場合は、手術適応です。

それ以外の症状であれば、一連の治療を行い、その中で効果が現れないときに手術が検討されます。

手術をしても治らないこともあり、積極的に行うことは少ないのが現状です。

坐骨神経痛に対する治療方針

エコーリリース

当院の鍼治療は、MPS理論に基づいたトリガーポイント療法をベースに治療していきます。

坐骨神経痛の原因として筋膜を含むファシアの異常が大きく関わっています。

筋膜とは、筋肉を包んでいる膜のことです。

体を酷使したり、長時間同じ姿勢でいると、その筋膜に異変が生じ痛みやコリ、違和感を感じるようになります。

坐骨神経痛の症状を解消するためには、この筋膜を整え、本来あるべき状態へ導く必要があります。

坐骨神経痛に対するトリガーポイント鍼療法

トリガーポイントとは?

トリガーポイント

トリガーポイントとは、「痛みの引き金になる点」という意味です。

銃の引き金を引くと弾が遠くに飛んでいくのと同じように、トリガーポイントが引き金になり遠くの場所に痛みを飛ばします。

その遠くの場所に感じる痛みを「関連痛」といいます。

トリガーポイントと関連痛

痛みの発生場所、つまり「痛みの原因」がトリガーポイントであり、痛みを感じる場所、つまり「症状」が関連痛です。

痛い場所と痛みの原因が一致しないということです。

症状と原因が一致しないことが筋肉の痛みの一番の特徴です。

坐骨神経痛では、痛みを感じている場所が関連痛であり、トリガーポイントは他の場所にあります。

坐骨神経痛のトリガーポイント

小殿筋トリガーポイント

(✖:トリガーポイント :関連痛)

✖がトリガーポイントで赤く記されている場所が実際に痛みやしびれを感じている場所です。

お尻の中心部や足にかけて症状が現れています。

これは、お尻のトリガーポイントが原因となって、下半身を中心に症状が出ている典型的な例です。

梨状筋トリガーポイント

(✖:トリガーポイント :関連痛)

梨状筋のトリガーポイントです。

坐骨神経は、梨状筋の下を通ります。

そのため、梨状筋にもトリガーポイントができやすく、お尻の症状が強い場合は疑われる筋肉です。

このように、トリガーポイントは痛みを感じている場所とは違うところにあるため、原因となっているトリガーポイントをしっかり探し当て、そこを治療していかないと改善しません。

トリガーポイントの正体をエコーで確認

当院は、広島鍼灸業界で初めての導入となる、超音波エコーを用いて、筋肉や筋膜の状態、トリガーポイントの位置を目視で確認しながら確実な施術を行っております。

近年の研究により、トリガーポイントは、筋膜、腱や靭帯など軟部組織にできることが解明されました。

坐骨神経痛の場合は、お尻の筋膜や坐骨神経周囲の膜にトリガーポイントができます。

筋膜の癒着

これは、坐骨神経痛の中でも一番トリガーポイントができやすいお尻の筋肉のエコー画像です。

上から大殿筋、中殿筋、小殿筋の順番でお尻の筋肉があります。

横に伸びる白い線が筋膜です。

その筋膜を全体的に見て、より白く濃く写る部分は、筋膜の癒着が起こっていることを意味します。

つまり、トリガーポイントとは筋膜の癒着です。

この画像では、中殿筋のトリガーポイントが原因の可能性が高いことがわかります。

また、筋膜の癒着を解消しても症状が残るケースがあります。

坐骨神経

その場合は、坐骨神経周辺の癒着部分(梨状筋など)や坐骨神経周囲の膜にアプローチしていくこともあります。

まずは、筋膜にアプローチし、状態によっては坐骨神経周辺も鍼をしていきます。

  • マッサージなどでいくら筋肉をほぐしてもすぐ元に戻ってしまうのは、筋膜に問題があるため。
  • 筋肉にアプローチするよりも筋膜にアプローチした方が症状がとれやすい。
  • 鍼治療はその筋膜を正常な状態に戻しているということ。

筋膜とは?

筋膜とは、筋肉を包んでいる膜のことで、筋肉の中まで入り込んでいます。

筋膜はボディスーツのように全身に張りめぐらされていて、「第二の骨格」ともいわれる重要なものです。

筋膜は、外からの力を抵抗なく受け止めて形を変えることができます。

例えば、イスに座ったときのお尻の変形や猫背状態、肥満となり脂肪が増えたときなど、その体の状態に合わせて形を変えることができる立派な膜です。

また、強く引っ張られたときには、その力に耐えることもできます。

それは、筋膜がコラーゲンとエラスチンでできていて、弾力性に富んでいるからです。

筋膜とは、コラーゲンとエラスチンがお互いに協力して、体の緊張をコントロールしているということです。

なぜトリガーポイント(筋膜の癒着)ができる?

悪い姿勢や繰り返し動作を長く続けると、体の一部分に負担がかかり、筋膜が自由に伸び縮みできなくなってしまいます。

自分の皮膚を手で摘まむと、しわができると思います。

このしわの状態が、よじれてしまった筋膜にも起こります。

これを筋膜の癒着といいます。(健康体でも筋膜の癒着はあります。)

筋膜の癒着状態が続くと、包まれている筋肉の動きも悪くなり、凝りや痛み、しびれが現れます。

トリガーポイントができあがった状態です。

トリガーポイント鍼療法は筋膜に直接アプローチできる

当院の鍼治療は、トリガーポイント(筋膜の癒着)に直接アプローチできます。

最も悪くなっている部分に鍼を当てることで、筋膜の癒着が少しずつ取れていき、筋肉の柔軟性が良くなって、痛みやしびれが解消します。

  1. トリガーポイント、筋膜、凝りの見える化によって、確実に施術できる。
  2. 炎症の有無により、鍼の適応不適応の判断ができる。
  3. トリガーポイントに鍼を当てることで、痛みを共有することができる。

鍼治療が不安な方へ

鍼治療が不安な方へ

鍼治療は、痛い、怖いイメージを持つ人がとても多いです。

鍼治療は、まだまだ一般的ではないため、効果の期待や不安、誤解も多いです。

鍼に興味があっても、なかなか重い腰が上がらないという方は、鍼灸についてを参考にしてみてください。

鍼治療以外の施術もありますので、そちらを選択してください。

腰椎椎間板ヘルニア 18歳女性

お客様写真

椎間板ヘルニアと診断されて、しばらくは地元の整形外科に通っていたのですが、一向に良くなりませんでした。

そんな時に母が探してくれたトリガーポイントという治療と出会いました。

最初は、針の痛みや怖さがあったのですが、徐々に慣れ、その後のだるさにも慣れてきました。

通い始めたばかりの頃は、本当に良くなるのだろうと半信半疑だったのですが、通う度に痛みが和らいでいます。

今では、ほとんど痛みはありません。

この治療と出会えて良かったです。

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

腰痛、腰椎椎間板ヘルニア 61歳男性

お客様写真

突然、おしりが痛み出し、整形外科で治療を受けましたが、椎間板ヘルニアと診断され、ブロック注射を打ったりしましたが改善せず、ネットで検索して、なかいしさんにきました。

トリガーポイントに鍼を打つので治療中は痛いと思いますが、あと楽になるので、感謝しております。

週末にしか、広島に来られないので、残念です。

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

鍼灸師紹介

中石真人

中石真人

生年月日 昭和59年4月22日
血液型 O型
出身地 広島県豊田郡大崎上島町
家族 妻、娘(2人)
趣味 カープ、カラオケ
尊敬する人 イチロー
免許 鍼灸師、柔道整復師
所属学会 日本整形内科学研究会(JNOS)、日本超音波鍼灸協会(JAU)、臨床トリガーポイント研究会

髙野倖希

髙野倖希

生年月日 平成7年8月31日
血液型 B型
出身地 愛知県一宮市
趣味 読書、散歩
尊敬する人 杉原千畝

 

担当 院長 髙野 髙野 髙野 院長 院長

髙野 

院長

髙野 

営業時間 9:00~17:00 13:00~22:00 13:00~22:00 13:00~22:00 9:00~17:00 9:00~17:00 9:00~17:00
電話受付時間 9:00~16:00 13:00~21:00 13:00~21:00 13:00~21:00 9:00~16:00 9:00~16:00 9:00~16:00

※第1.3土日院長休診

※院長は、火・水・木曜は大崎上島(鍼灸・接骨 なかいし)で診療しています。

完全予約制

【TEL】050-1255-9166(鍼灸院固定電話)080-2945-8873(院長携帯)

【休診日】祝日(土日が祝日の場合は営業)

施術の流れ

写真は左右にスライドできます

問診票の記入

問診票の記入

問診

問診

動作分析・可動域評価・触診評価

動作分析・可動域評価・触診評価

超音波エコー評価

超音波エコー評価

鍼施術

鍼施術

終了

終了

施術方法

トリガーポイント鍼療法

動作分析

痛みの出る動作、エコー分析をもとに、原因となるトリガーポイントを把握し、鍼を打っていきます。

15分~20分程度、鍼を打った状態のまま筋肉が柔らかくなるのを待ちます。(置鍼術)

エコーガイド下ファシア(筋膜)リリース

エコーガイド下ファシア(筋膜)リリース

超音波エコーを使って鍼を打ちます。

危険や部位、神経や血管が原因の場合など、エコーがないと難しい場合に使用します。

筋膜リリース整体

筋膜リリース整体

エコー分析をもとに、症状の原因となる筋膜の異常を手技で取り除いていきます。

鍼治療が苦手な方におすすめです。

トリガーポイントストレッチ

トリガーポイントストレッチ

自分では伸ばしきれない筋肉を症状に応じてマンツーマンで伸ばしていきます。

自己流のストレッチが続かない、筋肉の柔軟性が欲しい方におすすめです。

エコー分析は行いません。

トリガーポイントリラクゼーション

トリガーポイントリラクゼーション

トリガーポイントを指で圧迫していきます。

疲労回復や症状の軽い方におすすめです。

ゴリゴリほぐすマッサージをご希望の方には合いません。

エコー分析は行いません。

施術料金

施術時間は、鍼治療の場合初回50~60分、2回目以降30~40分です。

目安です。症状や治療部位によって前後することがあります。

鍼治療以外は、メニューによって時間が違います。

初回は、時間に余裕を持ってお越しください。

遅刻は、施術時間の短縮、またはキャンセルになることもありますので、ご理解ください。

院長は、鍼治療以外のメニューは行いません。

鍼治療以外のメニューは、髙野が担当します。

月・金曜は髙野が休みですので、院長による鍼治療のみの施術となります。

ご予約時にご確認ください。

初検料、再検料 ¥1,000

施術料金

どの施術メニューにもかかります。

問診と原因部位を把握するための検査料になります。

問診では、どのように動かすと痛いのか、実際にその動きをしてもらい、原因部位を探します。

この結果をもとに、鍼治療を行いますので、ほんの些細な症状でもお話しください。

最終来院日から6か月過ぎると症状も変化しますので、再度原因部位を把握するため再診料がかかります。

基本施術 院長¥6,000 髙野¥4,000

施術料金

特にご希望のない場合は、基本施術になります。

基本施術は、鍼の本数に制限があるため、施術部位が広範囲に及ぶ症状の場合は、特別施術になることがあります。

特別施術 院長¥8,000 髙野¥6,000

施術料金

重症状の方、多部位に症状のある方は、特別施術になります。

また重点的に施術してほしいご要望がありましたら、基本施術の後にもう一度、数本鍼を打つことも可能です。

その場合も特別施術になります。

学生施術 院長¥4,000 髙野¥3,000

施術料金

学生施術は、高校生までとさせていただきます。

部活でのケガや日常生活での痛みなど全力でサポートいたします。

学生の特別施術は、院長¥6,000、スタッフ¥5,000になります。

1日2回施術 院長¥10,000 髙野¥8,000

施術料金

遠方の方、重い症状の方、希望者に限ります。

県外で定期的な通院が困難な方や集中的な治療をご希望の方などが対象となります。

TPリラクゼーション 髙野¥3,500(20分)

TPリラクゼーション 髙野¥3,500(20分)

普通のマッサージとは違い、トリガーポイントを探して圧迫しますので、痛気持ちいい感覚になります。

痛みが強い場合には向きません。

疲労回復や軽い症状の方におすすめです。

エコー分析は行いません。

TPストレッチ 髙野¥3,500(20分)【多部位】¥5,500(40分)

TPストレッチ 髙野¥3,500(20分)【多部位】¥5,500(40分)

自己流のストレッチは、制限がかかりうまく伸ばせないことが多いです。

マンツーマンでストレッチをすることで、リラックスした状態で伸ばすことが可能になり、より筋肉の柔軟性があがります。

痛みが強い場合には向きません。

エコー分析は行いません。

多部位:例えば肩こりと腰痛など広範囲を施術する場合に該当します。

筋膜リリース整体 髙野¥4,000(約20分)【多部位】¥6,000(約40分)

筋膜リリース整体 髙野¥4,000(約20分)【多部位】¥6,000(約40分)

症状の原因となる筋膜の異常部位を手技で伸ばしながら、取り除いていきます。

鍼治療が苦手な方におすすめです。

多部位:例えば肩こりと腰痛など広範囲を施術する場合に該当します。

TPストレッチ×筋膜リリース整体 髙野¥5,500【多部位】¥7,500

TPストレッチ×筋膜リリース整体 髙野¥5,500【多部位】¥7,500

トリガーポイントストレッチと筋膜リリース整体を組み合わせることで、相乗効果があります。

多部位:例えば肩こりと腰痛など広範囲を施術する場合に該当します。

TPストレッチ×筋膜リリース整体×TPリラクゼーション 髙野¥9,000【多部位】¥11,000

TPストレッチ×筋膜リリース整体×TPリラクゼーション 髙野¥9,000【多部位】¥11,000

すべての手技を組み合わせて施術します。

多部位:例えば肩こりと腰痛など広範囲を施術する場合に該当します。

白島線縮景園前駅からの道順

なかいし鍼灸院アクセス

縮景園前駅から当院が見えます。

なかいし鍼灸院アクセス

横断歩道を縮景園や広島県立美術館とは反対方面に渡ります。

なかいし鍼灸院アクセス

白いマンションが当院です。

なかいし鍼灸院アクセス

マンションに入り、7階702号室までお上がりください。

車での道順

なかいし鍼灸院アクセス

白島線沿いを白島方面に向かっていただき、「縮景園前」の道路標識を左折してください。

なかいし鍼灸院アクセス

左折するとすぐ当院が見えます。

なかいし鍼灸院アクセス

当院には専用の駐車場がございません。

アーバンビュー地下駐車場が一番近い駐車場です。

なかいし鍼灸院の外観

  • なかいし鍼灸院の外観
  • なかいし鍼灸院の外観