【症例】歩くと痛い坐骨神経痛 30代女性

主訴

  • 長年、お尻周りのだるさはあったが、ここ1週間前から、左腰~お尻周り、太もも裏にかけてビリビリした鋭い痛みがある。
  • 立った姿勢や歩くときが一番辛く、座っていると比較的楽である。
  • 1週間後に長時間立った姿勢で作業する(演奏会)必要があるので、それまでに楽になりたいとのこと。

症状

・痛みの自覚は、腰と骨盤の境目。

・腰を前かがみ、後ろに反らす、両方へ捻る、左へ倒すなどどの動きでも痛みがあり、お尻~太もも裏へ痛みが広がる。

トリガーポイント鍼療法

  • 多裂筋トリガーポイント
  • 大殿筋トリガーポイント

治療部位は、仙骨多裂筋、大殿筋、中殿筋、ハムストを中心に鍼治療を行いました。

特に仙骨多裂筋と大殿筋トリガーポイントは、集中的に治療しました。

1回目:少しビリッと感はあるが、初回よりかなり楽になった。演奏会も大丈夫だった。初回の痛みが10だとすると4くらい。

2~3回目:今は痛みより少しシビレ感があるが、生活に支障はなし。

一旦終了。

まとめ

週1で3回治療しました。

演奏会に間に合うようにとお願いがありました。

演奏会まで1回しか治療できませんでしたので、1回でどこまで改善するか心配ではありましたが、無事できたとのことで良かったです。

症状が出てすぐ来院してもらえたので、早めに症状が和らぎました。

長年の症状では、もう少し改善までに時間がかかります。