【症例】ストレッチでは限界がある腰からお尻の痛み 40代男性

主訴

  • 2年前から腰からお尻が痛く、だるい。
  • 左膝裏の伸びにくさもある。
  • 今まではストレッチで治っていたが、限界があるため、来院。

症状

ストレッチをすると、左のお尻、太もも裏に張り感やだるさ。

同じ姿勢が辛い。

腰を前に倒すとつっぱり感がある。

腰を後ろに倒すと痛みが出る。

トリガーポイント鍼療法

  • 最長筋トリガーポイント
  • 大殿筋トリガーポイント
  • 大腿二頭筋トリガーポイント

施術部位

起立筋、大殿筋、中殿筋、ハムストなど

エコー観察にて、腰から太もも裏まで筋肉の血行不良があったため、血行改善を目的にトリガーポイント鍼療法を行いました。

症状経過

1回目:鍼治療が初めてだが、しっかり響かせる。鍼治療後1週間はいつも以上にストレッチをするよう指導。

2回目:2ヵ月後に来院。かなり良くなった。調子いいが、良くなったのでもう1回来た。

まとめ

ストレッチで伸びなかった筋肉が鍼治療をすることで、柔らかくなり痛みも改善しました。

ストレッチをしても治らない状態では、自然治癒は難しいです。

同じような症状でお困りの方は、ご連絡ください。

腰痛・ぎっくり腰について詳しくはこちら

腰痛・ぎっくり腰

この記事に関する関連記事