【症例】左腰からふくらはぎにかけて安静時でもしびれる痛み 50代男性

主訴

  • 3週間前に腰痛があり、その後1週間で良くなったが、長時間歩いた後にひどくなった。
  • 左腰からふくらはぎまで痛い。
  • 靴下を履く、便座に座る姿勢が辛い。
  • 長時間の座位と長時間の歩行が原因と考えている。
  • 病院では、「腰痛」と言われるだけでレントゲンやMRI検査をしたが原因がわからず、ネットで筋膜異常ではないかと思い、来院。

症状

左腰からお尻、太もも裏側、ふくらはぎがしびれたように痛む。

長時間同じ姿勢でいると、お尻からふくらはぎがジンジン痛む。

正座は楽だが、床に足を伸ばして座ると痛い。

前かがみになると激痛。

太もも裏側を伸ばすストレッチをすると激痛。

トリガーポイント鍼療法

  • 大殿筋トリガーポイント
  • 中殿筋トリガーポイント

施術部位

大殿筋付着部(PSIS)、中殿筋、ハムスト、腓腹筋など

触診により、腰の筋肉に原因はなく、お尻にトリガーポイントがありました。

特に大殿筋というお尻の大きな筋肉が原因で、腰近くに付着している部分にトリガーポイントがありました。

ここにトリガーポイントがあると、原因はお尻なのに腰が痛いと感じることがあります。

特に腰の下の方が痛いと訴える方が多いです。

症状経過

1回目:鍼治療が初めてだが、しっかり響かせる。

2回目:安静時のしびれ感が減った。座位や便座も痛みがない。あぐらもかけるようになった。鍼後3日筋肉痛のような痛みがあったが、それがとれると同時に痛みも減ってきた。

3回目:良くなっている。前かがみになると太ももの裏側につっぱり感がある。

4回目:残り3割残っている感じ。大殿筋付着部をメインに施術。

5回目:2週間後に来院。残り0.5割残っている感じ。終了。

まとめ

週一の治療を4回行い、痛みも劇的に改善しました。

その後2週間間隔をあけ、状態を確認したところ、ほとんど気にならなくなったようなので、終了しました。

下肢まで症状が広がっている場合は、腰とお尻に原因があります。

今回は、お尻だけに原因があったため、早期に改善しました。

症状が長引くと広範囲にトリガーポイントができ、治りも悪くなりますので、同じような症状でお悩みの方は、お早めにご連絡ください。

足のしびれについて詳しくはこちら

足のしびれ

この記事に関する関連記事