【症例】股関節から太ももの痛み 40代女性

主訴

  • 2年前から、周期的に左股関節~太ももの前面が痛くなる。
  • 最近また痛みが強くなり、整形外科に行ったが、異常なしと診断された。
  • なぜ痛くなったのか心当たりがなく、当院へ来院。

症状

日によって痛む部位が鼡径部を移動する。

股関節の可動域は問題ない。

あぐらをかくと痛い。

トリガーポイント鍼療法

  • 縫工筋トリガーポイント
  • 大腿筋膜張筋トリガーポイント2

施術部位

縫工筋、大腿筋膜張筋、大殿筋、中殿筋など

エコー検査の結果、縫工筋が原因と考え、股関節前面とお尻の筋肉に対して、トリガーポイント鍼療法を行いました。

症状経過

1回目:しっかりとポイントに響かせる。

2回目:久々に来院。初回の鍼治療後かなり調子良く過ごしていた。最近また痛みを感じるようになった。

3回目:半年後に来院。調子良い状態をキープしている。

4回目:半年後に来院。少し痛みが出てきた。以前ほどではない。定期的に通院中。

まとめ

1回の鍼治療で効果がとても出る方なので、調子が悪くなったら来院されています。

今回の症例は、一般的な股関節の動きで痛みがなく、あぐらをかくときだけ痛みがあります。

あぐらをかく動作は、縫工筋という筋肉が関わっていますので、痛みの部分の特定がしっかりできれば、鍼治療の効果が現れやすいです。

同じような症状でお困りの方は、ご連絡ください。