【症例】バレエ時の左鼠径部の痛み 50代女性

主訴

  • 3年前から左股関節を曲げることができない。
  • 疲れが溜まると痛みが強く、足に力が入らない。
  • 鼠径部を触ると硬い凝りを感じる。
  • バレエを痛みなくやりたいと思い、知人の紹介で来院。

症状

立った状態で股関節を曲げることはできるが、仰向けで曲げると詰まる感じで痛い。

股関節のストレッチが痛い。

股関節を外に開くと痛い。

トリガーポイント鍼療法

  • 大腿直筋の痛み
  • 腸腰筋の痛み

施術部位

大腿直筋、腸腰筋、縫工筋、大腿筋膜張筋など

触診により、太ももの筋肉(大腿直筋)の鼠径部付近で痛みがあり、その部分を中心に施術していきました。

症状経過

1回目:鍼の響きを強く感じる。

2回目:変化なし。

3回目:鼠径部の外側に痛みが移動。

4回目:痛みが減ってきた。股関節の可動域も上がっている。

5回目:詰まり感がなくなってきた。左右と比べて股関節の可動域に左右差があるので、同じようにしたい。

6.7回目:長時間歩いたが、大丈夫だった。

8回目:治療間隔を2週間にあける。引っ越し作業など負担がかかり少し硬さが出てきた。

9回目:疲労が溜まっているが、バレエは痛みなくできている。

10回目:少し痛みがぶり返した。バレエで痛みがあった。

11~13回目:調子安定している。大丈夫そう。

14回目:20日後に来院。調子良い。終了。

まとめ

始めは週1、その後症状が軽快していき、治療間隔をあけて施術しました。

最終的には、痛みがなくなり、股関節の可動域も左右でほとんど差がなくなりました。

鼠径部の痛みでお悩みの方は、ご連絡ください。