腰痛がズキズキ激痛!何をしても痛い原因とは?

  • ぎっくり腰?
  • 特に何もしていないのに腰が痛くなった!
  • ちょっとした動きでもズキズキ腰が痛む!

このような悩みを抱えていませんか?

薬を飲んでも効かない、この状態のままだと仕事や食事もまともにできませんよね。

この記事では、ズキズキ痛む腰痛の原因を解説しています。

是非、参考にしてみてください。

1.ズキズキ激痛腰痛で心配な病気

特に痛くなった原因がわからず、突然激痛腰痛になった場合、心配なものがあります。

それは、腰の筋肉に原因がなく痛みが出ている場合です。

それを自分で確認する方法は、残念ながらありません。

病院で診察を受けなければ確実に判断できません。

ただ、ある程度予測を立てることは可能です。

  • 一日中痛い。
  • 体の動きや体勢によって痛みに変化がない、常に同じレベルの痛み。(痛みは常にあるが、痛みが和らぐ体勢がある場合は問題なし)

このような場合は、すぐ病院に行きましょう。

以下のような病気が疑われます。

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 尿管結石
  • 内臓系の病気
  • 婦人科系の病気

2.ズキズキ激痛腰痛の原因は筋膜にあり

上記のような病気が隠れていない場合は、筋膜に原因があります。

近年の研究で、痛みのセンサーが筋膜上に高確率で存在していることが明らかになってきました。

ズキズキ激痛腰痛の原因は筋膜にあり

筋膜とは、筋肉を包んでいる膜のことです。

長時間同じ姿勢や繰り返し動作をしていると、筋膜に異常が起こります。

筋膜がスムーズに伸び縮みできないと、柔軟性がなくなり筋肉が硬くなることで痛みが出るのです。

そのため筋膜を柔らかくするストレッチをすることが大切です。

しかし、激痛になるとストレッチすらできなくなります。

そんなときは、鍼治療がおすすめです。

鍼治療は、直接筋膜にアプローチすることができ、縮こまっている筋膜を正常な状態へ戻すことが可能です。

筋膜異常を放置していると、治りが悪くなるだけでなく、広範囲に痛みが広がる可能性もありますので、早めに治療を受けるようにしてください。

3.まとめ

いかがでしたか?

ズキズキ痛む腰痛の原因を解説しました。

  1. 一日中痛い
  2. 体の動きや体勢によって痛みに変化がない、常に同じレベルの痛み

このような場合は、すぐ病院に行きましょう。

それ以外は、筋膜が原因です。

筋膜異常は鍼治療で改善しますので、お早めにご連絡ください。

腰痛・ぎっくり腰について詳しくはこちら

腰痛・ぎっくり腰

この記事に関する関連記事