【症例】昨日から歩くのも痛い腰痛 30代女性

主訴

  • 1ヵ月前から左腰が痛くなり、1週間前に腰全体が痛くなった。
  • 整形外科に行き、軽度の椎間板ヘルニアと診断され、薬とブロック注射を2回したが、効果がみられない。
  • 昨日から歩くのも痛くなってきたので、当院へ来院。

症状

歩行時痛がある。

立位、座位でも痛みがある。

前かがみが一番痛く、曲げることができない。

その他の腰の動きでも可動域制限があり、痛い。

トリガーポイント鍼療法

  • 多裂筋トリガーポイント
  • 大殿筋トリガーポイント

施術部位

多裂筋、最長筋、腸肋筋、大殿筋、大殿筋付着部、中殿筋など

エコー検査や触診、運動検査の結果、大殿筋付着部に原因があることがわかりました。

大殿筋は、お尻にある一番大きな筋肉です。

その筋肉が付いているのが、ちょうど腰と骨盤の間あたりで、正確には骨盤に付いています。

つまり、腰痛でも腰の筋肉が原因ではなく、お尻の筋肉が原因の腰痛です。

今回は、腰全体に痛みが広がっているため、腰からお尻の筋肉を中心にトリガーポイント鍼療法を行いました。

症状経過

1回目:早急に楽になりたいとのことで、しっかり刺激を入れる。

2回目:1週間後に来院。歩行時の痛みがなくなった。前かがみの可動域も正常範囲に戻った。最大に前かがみになると、まだ多少の痛みがある。終了。

まとめ

2回で施術を終え、今よりひどくなるようでしたら、来院するよう伝えました。

その後、症状の悪化はないようです。

同じような症状でお困りの方は、ご連絡ください。

腰痛・ぎっくり腰について詳しくはこちら

腰痛・ぎっくり腰

この記事に関する関連記事