【症例】寝違えから始まった原因不明の肩甲骨内側と腕の痛み 50代女性

主訴

  • 1ヵ月前に寝違えた後、トレーニングをして悪化した。
  • 病院でMRIを撮ったが、原因がわからなかった。
  • すべての痛み止めを飲んだが、全く効果がなく、注射は半日効果があった。
  • ネットで筋膜異常ではないかと思い、来院。

症状

左肩甲骨内側から腕までビリビリ、ズキズキ痛みとしびれがある。

寝ている姿勢が一番楽である。

首を前に倒す、後ろに倒す動きで激痛。

首の横(肩甲挙筋)を抑えると腕に痛みとしびれの再現がある。

トリガーポイント鍼療法

  • 肩甲挙筋トリガーポイント
  • 中斜角筋トリガーポイント

施術部位

僧帽筋、肩甲挙筋、斜角筋、頭半棘筋、多裂筋、菱形筋、棘下筋など

触診で首の横の筋肉(肩甲挙筋と斜角筋)で痛みとしびれの再現があったため、トリガーポイントの関与が疑われました。

1ヵ月後に結婚式に出席するので、特別治療にて早期改善を目指し施術を開始しました。

症状経過

1回目:鍼がよく響く。

2回目:前回より少し楽。鍼後3日効果があった。午後から症状が強く出る。

3回目:良くなっている。首を前に倒すと腕にピリピリくる。

4回目:肩甲骨外側の上腕三頭筋の腱を狙う。症状の再現が起こる。

5回目:前回の鍼後痛みがない。普通に生活できた。

6回目:良くなっている。

7回目:結婚式に出席。ほぼ良い。終了。

まとめ

週一の治療で結婚式には間に合いました。

トリガーポイントは2ヵ所あり、首の横と肩甲骨外側の肩の後ろの付け根でした。

症状が長引いている場合は、1ヵ所だけではなく複数トリガーポイントがあります。

的確に探すことができたので、早期改善に繋がりました。

病院で検査をしても原因不明の痛みは、筋膜やトリガーポイントが原因かもしれません。

同じような症状でお悩みの方は、ご連絡ください。

寝違えについて詳しくはこちら

寝違え

この記事に関する関連記事