【症例】頚椎症による左首、肩、腕の痛み 40代女性

主訴

  • 5年前に整形外科で「頚椎症(頚椎6.7間の神経圧迫)」と診断された。
  • それ以来、ロキソニンで痛みを抑えて生活している。
  • 元々肩こり持ちで、肩こり程度の痛みはあったが、ここ1ヵ月で痛みが悪化した。
  • とにかく、左の上腕から前腕にかけて痛みが強い。
  • 手術だけは避けたいとのことで来院。

症状

以前は、肩甲骨の内側が痛かったが、今は左首から指先まで症状が広がっている。

常に痛い。(楽な姿勢は腕を肩の高さに上げるだけ)

首を後ろに倒すと左腕に激痛。

左を振り向く、左に首を倒す動きで激痛。

左人差し指に若干のしびれがある。

痛みは、鋭く刺すような痛みである。

トリガーポイント鍼療法

  • 肩甲挙筋トリガーポイント
  • 頚板状筋トリガーポイント

施術部位

僧帽筋、肩甲挙筋、頚板状筋、頭半棘筋、斜角筋、多裂筋、菱形筋、三角筋、棘下筋、上腕三頭筋、前腕伸筋群など

痛みが広範囲にあり、複数のトリガーポイントが疑われました。

とにかく、痛みのあるトリガーポイントに施術していきました。

症状経過

1回目:鍼がよく響く。痛みに敏感になっているので、本数を少なく施術。

2回目:広範囲に痛みがある。咳をすると痛い。

3回目:しびれが常にある。全体的にしびれて力が入りにくい。若干改善した。

4回目:痛みはない。しびれがメイン。先週と状態に変化はない。

5回目:しびれはあるが、先週よりしびれを感じる時間が減った。少しでも楽になりたい。

6回目:自転車を乗る姿勢でしびれる。親指と人差し指にしびれがある。肩甲骨の外側を押すとしびれが再現される。棘下筋と上腕三頭筋の腱に刺鍼。

7回目:少し重だるさが出てきた。

8回目:痛みとしびれが混ざった感じ。初回の痛みがぶり返した感じがする。

9回目:少しずつ動かすように指導。動かすことに不安感が強い。

10回目:首を後ろに倒す動きがだいぶ痛みなくできるようになってきた。

11回目:前回より調子の良い時間が増えた。今は奥の方に痛みが残っている感覚がある。

12回目:だいぶ落ち着いてきた。初回の症状が半分になった。

13回目:痛みはほぼない。残り3割残っている。

14回目:残り2割。治療間隔を2週間後にしてみる。

15回目:2週間後に来院。3日痛い日があったが良くなっている。

16回目:3週間後に来院。1.5割残っている。このまま3週間に1回を継続してみる。

17回目:しびれは今までで一番軽い。

18回目:安定して現状維持。

19回目:抑えると今までは痛かったが、今は気持ちが良い感覚。

20~23回目:3週間に1回を継続し、安定。調子良い。現在月1でメンテナンス中。

まとめ

現在も再発が怖いとのことで、月1で治療を継続しています。

初回は、激痛で何をしても痛みが強く、精神的にも疲れ切っていました。

効果が出てもまた痛みがぶり返したり、症状の強さが上下しながら、改善しました。

途中で諦めかけた時期もあったようですが、根気強く続けていただき痛みのない生活に戻ることができました。

頚椎症でお悩みの方は、ご連絡ください。

頚椎症について詳しくはこちら

頚椎症

この記事に関する関連記事