【症例】耳裏から首筋にかけての痛み 50代女性

主訴

  • 1ヶ月前から左耳の裏から首筋、肩にかけて痛い。
  • 1年前にタブレットを買って使用することが多くなったのが原因と思う。
  • 脳外科や整形外科で肩こりと診断された。
  • 筋膜の痛みではないかと思い、来院。

症状

頭を前に下げたときに痛い。

字を書く、本を読む、調理などで痛みを感じることが多い。

左耳を中心に痛みが広がっていく感覚がする。

首筋から肩にかけて痛みが移動している。

トリガーポイント鍼療法

  • 胸鎖乳突筋トリガーポイント
  • 肩甲挙筋トリガーポイント

施術部位

胸鎖乳突筋、肩甲挙筋、僧帽筋、頭半棘筋、菱形筋など

胸鎖乳突筋と肩甲挙筋のトリガーポイントを中心に施術しました。

胸鎖乳突筋は耳の後ろから首の横を通り鎖骨についています。

そのため、耳の裏の痛みに関わっている可能性が高いです。

胸鎖乳突筋にトリガーポイントができると、耳の症状が増えるのはそのためです。

また、前かがみの姿勢が多いため、肩甲挙筋が凝りやすくなります。

症状経過

1回目:鍼が初めてで不安があるため、鍼の反応をみながら、弱い刺激で施術。

2回目:2週間後に来院。鍼の次の日はだるさがあったが少しずつ軽くなってきた。それと同時に痛みもかなり減少。初回の痛みが10とすると今は3。次回ラスト予定。

3回目:完全ではないが良くなった。ストレッチを始めた。終了。

まとめ

隔週で期間は約1ヵ月です。

今回は、痛みが現れて比較的早い段階で来院されたことが早期改善に繋がりました。

首の痛みをこじらせると、なかなか治りません。

できれば痛みが出て1ヵ月以内に来院していただけると、回復スピードが早いです。

首の痛みについて詳しくはこちら

首の痛み

この記事に関する関連記事