【症例】枕を変えたことによる右首の痛みと凝り 60代男性

主訴

  • 2ヵ月前から右首の痛みと凝りが続いている。
  • 高めの枕に変えた翌朝から痛みが出ている。
  • それから常に痛みと凝りがある。
  • 少しでも痛みをとりたいと思い、来院。

症状

2ヵ月前から症状は変化ない。

右首筋から肩にかけて張る感じがある。

首を後ろに倒す、右を振り向く、右に倒す動きで痛みがある。

トリガーポイント鍼療法

  • 肩甲挙筋トリガーポイント
  • 頭板状筋トリガーポイント

施術部位

僧帽筋、肩甲挙筋、板状筋、頭半棘筋など

触診にて肩甲下筋のトリガーポイントが原因と考え施術しました。

症状経過

1回目:しっかりと鍼を響かせる。

2回目:右首は良くなって、今度は左首が痛い。

3回目:痛みはなく凝りが気になる。

4回目:痛みはない。筋肉の硬さが気になる。

まとめ

週一の治療を4回行いました。

痛みは1回の治療で改善し、以前から気になっていた凝りの治療をしました。

元々首こりがあると、ちょっとしたことで痛みが出て、なかなか治らない状態になってしまいます。

痛みがとれた後も筋肉の緊張を和らげるため、数回治療しておくといいでしょう。

首の痛みについて詳しくはこちら

首の痛み

この記事に関する関連記事