前頭部の頭痛と吐き気がする原因と治療

前頭部の頭痛と吐き気がする原因と治療

  • 前頭部が痛い!
  • 目の方まで痛みが広がる!
  • 吐き気がする!
  • 首がよく凝る!
  • 原因を知りたい!

このような症状でお悩みではありませんか?

頭痛がひどくなると、吐き気を催すことがあります。

頭痛の多くは、首こりが原因です。

頭痛は、前頭部だけでなく、後頭部や側頭部などあらゆる方向に痛みが出ます。

この記事では、前頭部の頭痛と吐き気がする原因と治療について解説しています。

是非、参考にしてみてください。

1.前頭部の頭痛と吐き気がする原因

  • 1.前頭部の頭痛と吐き気がする原因
  • 1.前頭部の頭痛と吐き気がする原因
  • 1.前頭部の頭痛と吐き気がする原因
  • 1.前頭部の頭痛と吐き気がする原因

前頭部の頭痛は、筋肉の凝りが原因で、それぞれの筋肉が違う場所に痛みを出します。

それをわかりやすくした図です。

トリガーポイントという言葉を聞いたことはありますか?

トリガーポイントとは、痛みの引き金になっているポイントのことです。

つまり、前頭部の頭痛の原因となっているポイントということです。

そのトリガーポイントは、筋肉にできます。

悪い姿勢や繰り返し動作を長時間続けると、トリガーポイントができてしまいます。

トリガーポイントは、そのポイントから遠く離れた場所に痛みを飛ばすのが最大の特徴です。

図の✖がトリガーポイントで、赤が実際に痛みを感じている場所になります。

いろんな筋肉のトリガーポイントから頭痛に繋がることが理解できると思います。

  • 首の筋肉
  • 肩の筋肉
  • 顎の筋肉
  • 側頭部の筋肉

これらの筋肉のトリガーポイントが前頭部の頭痛の原因です。

2.前頭部の頭痛と吐き気がするときの治療

2.前頭部の頭痛と吐き気がするときの治療

当院では、トリガーポイント鍼療法によって、前頭部の頭痛を改善します。

トリガーポイントを可視化すると、筋肉ではなく筋膜の異常が確認できます。

筋膜とは、筋肉を包んでいる膜です。

通常は自由に伸び縮みできる筋膜ですが、異常な筋膜は、シワのように縮こまり硬くなります。

その結果、筋肉も凝り固まり、トリガーポイントとなって、頭痛を引き起こします。

当院では、エコーを使って筋膜の状態を確認して、ピンポイントで鍼を打っていくので、初めての方でも安心して受けることができます。

3.まとめ

いかがでしたか?

前頭部の頭痛と吐き気がする原因と治療について解説しました。

是非、参考にしてみてください。

頭痛について詳しくはこちら

頭痛

この記事に関する関連記事