【症例】筋トレ時の頭痛 30代男性

主訴

  • 2週間前から定期的に続けている筋トレ中に頭痛を感じるようになった。
  • 首の痛みはないが、最近首の凝りを自覚するようになった。
  • 病院でCTを撮ったが異常は見当たらなかった。
  • 現在は筋トレを中止している。
  • 以前当院へ顎の痛みで来院され、完治したので、再来院。

症状

首こりの自覚あり。(今まではなかった)

左こめかみと後頭部に痛みがあり、筋トレ時は左全体へ痛みが広がる。

日常生活ではたまに薄っすら痛みがある程度で支障はない。

午前中はふわふわめまいがする。

トリガーポイント鍼療法

  • トリガーポイント鍼療法
  • トリガーポイント鍼療法

施術部位

頭板状筋、頭半棘筋付着部、僧帽筋、肩甲挙筋、頚板状筋など。

元々頭痛持ちではないそうなので、筋トレ時には筋肉の緊張が最大になるため、首周りに凝りがあると頭痛を引き起こすことがあります。

検査をすると、頭板状筋と頭半棘筋が後頭部に付着する部分に原因があると推測できました。

その部分を中心にトリガーポイント鍼療法を行いました。

症状経過

1回目:しっかり響かせる。

2回目:1週間後に来院。筋トレを再開し痛みの頻度が減った。2回目の鍼治療後調子が良いとのこと。

まとめ

エコー検査を行うと以前より首こりがあることがわかりました。

首こりの自覚がなくても凝りがあるので、筋トレによって凝りが活性化されて、たまたま頭痛として症状を出したということになります。

鍼治療で凝りの活性化を抑えると頭痛は解消されます。

同じような症状でお悩みの方は、ご連絡ください。

頭痛について詳しくはこちら

頭痛

この記事に関する関連記事