【症例】大学受験勉強による首、肩、頭の痛み 10代男性

主訴

  • 1ヵ月前から、首、肩、頭が痛い。
  • 現在、受験生で勉強が原因と考えられる。
  • 以前より肩こりを感じていたが、受験勉強をしていると痛みがひどくなる。
  • 痛みなく受験勉強がしたいと思い、来院。

症状

頭痛は後頭部に集中している。

首や肩の動きで症状の悪化はないが、長時間同じ姿勢でいると痛みが出る。

トリガーポイント鍼療法

  • 僧帽筋トリガーポイント
  • 肩甲挙筋トリガーポイント

施術部位

僧帽筋、肩甲挙筋、板状筋、頭半棘筋、側頭筋など

長時間同じ姿勢で異常が現れる筋肉は、僧帽筋や肩甲挙筋です。

首や肩の痛みに繋がるトリガーポイントを施術しました。

症状経過

1回目:鍼治療の経験もあり、鍼の刺激量も調節しながら施術。

2回目:首は変わらず痛いが、頭痛が減ってきた。

3回目:頭痛がなくなった。首の痛みと頭がボーっとする感覚がある。大学に合格できた。

4回目:学校のテスト勉強中。こめかみに圧迫感。鍼後1週間は調子良いが2週間空くと良くない。

5回目:初回に比べかなり改善された。

6回目:鍼後2週間は調子良い。来週大学で面接に行く。部活をして体を動かすようにしている。終了。

まとめ

受験勉強による症例です。

長時間の勉強、プレッシャーなどあったと思います。

まず、頭痛がすぐなくなったことで、勉強もはかどったと思います。

受験勉強中に痛みがあると、集中力もなくなります。

同じような症状でお悩みの方は、ご連絡ください。

首の痛みについて詳しくはこちら

首の痛み

この記事に関する関連記事