【症例】整体で首を捻られてから続くうつ病のような気分不良 60代男性

主訴

  • 昨年、整体で首を強く捻られ、うつ病なような気分不良が続いている。
  • 首こりは昔からあり、頚椎椎間板ヘルニアの既往がある。
  • 首の痛みと気分不良を治してほしいと来院。

症状

首を前、後、横に倒すと張る痛みがある。

首の可動域が狭く、動かしにくい。

首が調子悪いと憂鬱な気分になる。

左薬指と小指にしびれがある。

しびれは日によってない日もある。

トリガーポイント鍼療法

  • 僧帽筋トリガーポイント
  • 肩甲挙筋トリガーポイント

施術部位

僧帽筋、肩甲挙筋、板状筋、頭半棘筋、菱形筋など

どの方向も首の可動域に制限があり、筋肉の硬さを和らげることを目標に施術を行いました。

症状経過

1回目:鍼治療の経験が豊富なので、しっかりポイントに当て響かせる。

2回目:鍼後調子が良かった。首がすっきりした。

3回目:良くなっている実感がある。

4回目:日に日に良くなっている。

5回目:肩周りが特に楽になった。

6~8回目:首の痛みが気にならなくなると、気分不良がなくなった。終了。

まとめ

週一の治療を継続しました。

首に痛みがあると、精神的な不調が出やすくなります。

首こりの治療をすることで、凝りがとれて可動域も広がり、憂鬱な気分も解消されました。

首を痛めた後に、体調を崩される方が非常に多いです。

早期に治療を開始することで、改善率も上がりますので、同じような症状でお悩みの方は、お早めにご連絡ください。

首こり(頚性神経筋症候群)について詳しくはこちら

首こり(頚性神経筋症候群)

この記事に関する関連記事