耳鳴りとめまい、ふらつきが治らない原因は?実は首こりにある!

  • 耳鳴りとめまい、ふらつきが治らない。
  • ひどいときは吐き気がする。
  • 日頃からよく首も凝る。

このような症状を抱えていませんか?

なかなか治らないと気になって不安が募りますよね。

耳鳴りとめまいは、耳の中に原因がある場合と、違うところに原因がある場合があります。

違うところに原因がある場合は、首こりが深く関係しています。

この記事では、なかなか治らない耳鳴りとめまいの原因は、首こりにあることについて書いています。

是非、参考にしてみてください。

1.耳の中に原因がある耳鳴りとめまい

1-1.メニエール病

グルグル目が回るような激しい回転性のめまい、耳鳴り、難聴、吐き気や嘔吐を伴うことがあります。

このような症状を反復する傾向があります。

原因としては、耳の中の内耳という場所に水ぶくれができることで症状が現れます。

根本的な原因は、はっきりわかっていませんが、ストレスや過労が考えられています。

また、症状が現れてからもストレスがかかり続けると、薬だけでは症状が改善しないこともあります。

  • 40代に多い。
  • 突然起こる。
  • めまいの持続時間が長い。(10分~1時間以上)
  • 横になっても目が回る。

1-2.突発性難聴

ある日突然起こり、片耳が聞こえなくなり(難聴)、めまいを併発します。

病名のように突然耳が聞こえなくなる症状です。

原因としては、内耳の循環障害やウイルス感染といわれていますが、はっきりとした原因はわかっていません。

突発性難聴になりやすいタイプは、ストレスが多い、睡眠不足など不規則な生活習慣が要因になります。

  • 突然起こり、片耳のみ。
  • 30~60代に多い。
  • 男女差はない。
  • 主な症状は、聴力の低下、めまい、耳鳴り、耳閉塞感。

1-3.聴神経腫瘍

聴神経に腫瘍ができ、耳鳴りやめまい、難聴を併発します。

聴神経は小脳に発生する良性腫瘍ですが、蝸牛神経や顔面神経などを腫瘍が圧迫することで、症状が現れます。

良性腫瘍なので、転移することはありません。

  • 初期は聞こえにくい症状が現れる。
  • 片耳に起こる。
  • 主な症状は、聴力の低下、耳鳴り、めまい、頭痛。
  • 腫瘍が顔面神経を圧迫すると、顔面神経麻痺になる。
  • 腫瘍が三叉神経を圧迫すると、顔の痛みが現れる。
  • 腫瘍の近い部位には様々な神経があるため、圧迫される神経に合った症状が現れる。

2.首こりが原因の耳鳴りとめまい

2-1.首こりは自律神経機能に悪影響を与える

首こりは自律神経の調節を狂わせてしまいます。

自律神経とは、交感神経副交感神経の2種類があります。

交感神経は、運動など活動的になっているときに働き、副交感神経は、リラックスしているときに働く神経です。

この2つの神経が環境に応じて、バランスをとりながら生活しています。

2-2.首こりが交感神経を活発にさせる

身体に凝りがあるということは、筋肉が常に緊張しているということです。

身体の緊張をコントロールしているのが交感神経ですので、リラックスしなければいけない場面でも緊張状態が続いてしまい、自律神経のバランスが崩れてしまいます。

2-3.ストレスも交感神経を活発にさせる

肉体的にも精神的にもストレスが加わると、交感神経が緊張状態になります。

耳鳴りやめまいが生じると、身体を動かすことですらストレスになりませんか?

身体の不調が逆にストレスとなり、余計交感神経の活動が活発になってしまうのです。

3.首こりはトリガーポイントが原因

トリガーポイントとは、「痛みの引き金になる点」という意味です。

銃の引き金を引くと弾が遠くに飛んでいくのと同じように、トリガーポイントが引き金になり遠くの場所に痛みを飛ばします。

その遠くの場所に感じる痛みを「関連痛」といいます。

つまり「症状の原因」がトリガーポイントであり、「耳鳴りやめまいを感じる場所」が関連痛です。

首こりはトリガーポイントが原因

赤の印が実際に症状を感じている場所です。

耳周りに症状をとばしているのがわかると思います。

このように首のトリガーポイントは、耳症状(耳鳴り、耳閉塞感、めまいなど)が現れます。

4.まとめ

いかがでしたか?

耳の機能自体に問題がない場合は、首こりが原因です。

トリガーポイントを治療することが改善への近道です。

ご相談ください。

メニエール病・めまいについて詳しくはこちら

メニエール病・めまい

この記事に関する関連記事