【症例】1ヵ月前に発症した回転性のめまい 60代男性

主訴

  • 1ヵ月前に突然回転性のめまいに襲われ、翌日は普通の状態に戻った。
  • 様子をみていたら、今朝また同じようなめまいが発生。
  • 10代の頃に同じような症状があった。
  • 薬を飲みたくないので、病院は受診せず当院へ来院。

症状

回転性めまいで天井が回る。

元々耳鳴りがある。

頭痛がよく起こる。

歩行は大丈夫。

トリガーポイント鍼療法

  • トリガーポイント鍼療法
  • トリガーポイント鍼療法

施術部位

肩甲挙筋、頭半棘筋、僧帽筋、胸鎖乳突筋、頚板状筋など。

首こりの自覚はないが、触診とエコー検査で筋肉の凝りが確認できました。

その部分に対して、トリガーポイント鍼療法を行いました。

症状経過

1回目:しっかり響かせる。

2回目:4日後に来院。めまいがなくなった。頭痛も出ていない。朝は軽い吐き気がある程度。全体的に良くなっているとのこと。

3回目:1週間後に来院。元々ヘルニア持ちで首は良くない。吐き気もなくなり、良い調子を維持できている。

まとめ

回転性のめまいや吐き気から予想すると、メニエール病では?と疑いましたが、首こりが原因のめまいでした。

毎日めまいがあるわけではないので、早期に回復しましたが、慢性的にめまいを抱えている方は、改善に時間がかかることがほとんどです。

同じような症状でお悩みの方は、ご連絡ください。