軽いめまいが続く原因と治療

軽いめまいが続く原因と治療

  • 数週間前から軽いめまいが続いている!
  • 体勢を変えたり、歩くときにめまいを感じる!
  • ふわふわするめまいがある!
  • めまいの原因を知りたい!

このような症状でお悩みではありませんか?

病院で検査をしても異常がみられないめまいがあります。

そのほとんどが首の筋肉の凝りに原因があります。

首こりの自覚がなくても首が凝っている方の多くにめまいが発症しやすく、同時に自律神経も乱れやすくなります。

この記事では、軽いめまいが続く原因と治療について解説しています。

是非、参考にしてみてください。

1.軽いめまいが続く原因

軽いめまいが続く原因は、首こりです。

首こりの自覚がない方でもエコーで観察すると、高確率で首こりを確認できます。

首は脳の一部で、凝りがひどくなると、自律神経が乱れます。

自律神経が乱れると、上半身の症状(めまい、頭痛、吐き気、気分不良、動悸)などが現れるようになります。

特にめまいに関しては、そこまでひどいめまいではなく、首を動かした瞬間にフワッとしたり、船の上に乗っているような感覚がして、軽いめまいが続くのが特徴です。

首を動かしたときにめまいが発症する症状を頚性めまいといいます。

首の筋肉の緊張によるめまいのことです。

首こりを和らげ、筋肉の緊張をとる治療が必要です。

2.軽いめまいが続くときの治療

当院では、首こりを和らげるために鍼治療を行います。

鍼治療の中でも効果的なトリガーポイント療法を説明します。

トリガーポイントとは、痛みの引き金になっているポイントのことです。

トリガーポイントは、筋肉や筋膜でできます。

2.軽いめまいが続くときの治療

筋膜とは、筋肉を包んでいる膜のことです。

エコーで筋膜を確認すると、凝りのある部分は、筋膜が分厚く写ります。

これは、筋膜がよじれてシワのようになるので、通常の厚さより太く見えます。

筋膜がよじれると、筋肉を動かすことが難しくなり、筋肉自体がカチカチに凝り固まります。

当院では、エコーを使って、筋膜の状態を確認してから、ピンポイントで鍼を打っていきますので、初めての方でも安心して受けることができます。

3.まとめ

いかがでしたか?

軽いめまいが続く原因と治療について解説しました。

是非、参考にしてみてください。

メニエール病・めまいについて詳しくはこちら

メニエール病・めまい

この記事に関する関連記事