【症例】首肩こりによる腕の痛み 50代女性

主訴

  • 慢性的に首肩こりがある。
  • 1週間前に急にひどくなり、腕まで痛みが広がってきた。
  • 仕事は、パソコンがメインでよくマッサージや整体に行っていたが効果があまり持続しなかった。
  • 凝りがひどくなると、頭痛や目が痛って薬に頼ってしまうので、少しでも症状を和らげたいと思い、来院。

症状

2ヵ月前から背中が張る。

安静時の痛みはない。

首から腕にかけて腫れぼったい違和感がある。

首を後ろに倒すと、左首から肩甲骨、二の腕に痛みが走る。

トリガーポイント鍼療法

  • 僧帽筋トリガーポイント
  • 肩甲挙筋トリガーポイント

施術部位

僧帽筋、肩甲挙筋、板状筋、頭半棘筋、菱形筋、棘下筋、三角筋など

首こりがひどくなり、腕に痛みが広がっているため、凝りの緩和を目標に施術していきました。

症状経過

1回目:鍼の響きが頭頂部と目に響く。

2回目:鍼後3日効果があった。腕が冷たく感じる。

3回目:薬を飲む日が減ってきた。痛みが楽になりつつある。

4回目:以前より楽になってきた。

5回目:調子良い。

6回目:2週間後に来院。痛みがなくなった。終了。

まとめ

凝りが緩和すると同時に痛みもなくなりました。

首肩こりがひどくなると、頭痛など他の症状が出てくる方が多くいます。

そのようなときは鍼治療で凝りを和らげると、症状も改善していきます。

同じような症状でお悩みの方は、ご連絡ください。

肩こりについて詳しくはこちら

肩こり

この記事に関する関連記事