肩こりで首が痛い原因と治療

肩こりで首が痛い原因と治療

  • 慢性的な肩こりに悩んでいる!
  • 最近、首が痛くなった!
  • 首が痛い原因を知りたい!

このような症状でお悩みではありませんか?

長年の肩こり持ちで次第に首の方まで痛みが広がることがよくあります。

今まで肩こりだと思っていたけど、実は首に原因がある(首こり)可能性が高いです。

この記事では、肩こりで首が痛い原因と治療について解説しています。

是非、参考にしてみてください。

1.肩こりで首が痛い原因

  • 1.肩こりで首が痛い原因
  • 1.肩こりで首が痛い原因

肩こりは、筋肉の凝りです。

その中でも首~背中まで広範囲にある僧帽筋と首の横にある小さな肩甲挙筋が凝りやすいです。

僧帽筋は表面に、肩甲挙筋はその奥にあり、姿勢を保持する(重たい頭を支える)姿勢が多いとき、特にデスクワークなどで凝ってきます。

それらの筋肉は、すべて首~肩に繋がっているので、肩こりの自覚があったとしても同時に首も凝るのです。

そのため、長年の肩こり状態を放置していると、首まで痛みが現れます。

その首の痛みの正体は、筋膜です。

筋肉の凝りは、筋膜のよじれから起こります。

エコー僧帽筋癒着

エコーで凝りを観察すると、このように写ります。

白い線が筋膜です。

通常なら同じ太さで筋膜が伸びているものが、筋膜がよじれている部分では、分厚く写ります。

筋膜とは、筋肉を包んでいる膜で、筋膜がよじれることにより、その中にある筋肉が凝って硬くなるのです。

その結果、首の可動域が制限されたり、首に痛みを感じるようになります。

2.肩こりで首が痛いときの治療

筋膜が原因なので、筋膜に対してアプローチしていきます。

当院では、トリガーポイント鍼療法を行っております。

トリガーポイントとは、痛みの引き金になっているポイントという意味です。

トリガーポイントは、筋膜上にできるので、筋膜がよじれている部分に対して鍼を打っていきます。

2.肩こりで首が痛いときの治療

この図は、トリガーポイントがどこに痛みを出しているかをわかりやすくしたものです。

✖がトリガーポイントで赤が実際に痛みを感じている場所になります。

トリガーポイントは、痛みを感じている場所にあることは少なく、離れた場所にあるケースがほとんどです。

そのため、一般の方がトリガーポイントを探し出すことは不可能なので、トリガーポイントの専門家に治療してもらう必要があります。

当院では、エコーを使ってトリガーポイントの位置を確認してから鍼治療を行っておりますので、初めての方でも安心して受けることができます。

3.まとめ

いかがでしたか?

肩こりで首が痛い原因と治療が理解できたと思います。

是非、参考にしてみてください。

首の痛みについて詳しくはこちら

首の痛み

この記事に関する関連記事