【症例】頚椎ヘルニアによる首、肩、腕の痛みとしびれ 40代女性

主訴

  • 半年前から頚椎ヘルニアで悩んでいる。
  • ここ2週間、首を寝違えたような症状が続き、つらい。
  • 病院では薬のみ治療していて、以前からここの鍼灸院が気になっていたが、行く勇気がなかった。
  • なかなか症状も落ち着かないので、根本的に治したいと思い、来院。

症状

左の首筋から肘までが痛い。

肘から親指にしびれがある。

痛みは常にあり、しびれはないときもある。

後ろに首を倒すと痛い。

両サイドに首を振り向くと痛い。

両サイドに首を倒すと痛い。

トリガーポイント鍼療法

  • 肩甲挙筋トリガーポイント
  • 頚板状筋トリガーポイント

施術部位

僧帽筋、肩甲挙筋、頚板状筋、頭半棘筋、菱形筋、三角筋、前腕伸筋など

触診で首の真横にある肩甲挙筋という筋肉を押すと痛みとしびれの再現があり、この肩甲挙筋のトリガーポイントが原因と考えました。

その他、首から肘までのトリガーポイント鍼療法を行いました。

症状経過

1回目:とにかく鍼が怖いとのこと。細い鍼を使い、刺激量も抑えて施術。

2回目:首を後ろに倒すとしびれる。後ろに振り返る動きがしやすくなった。常に痛みがあったが、痛みを感じていない時間が増えた。

3回目:朝起きたときと夕方は痛みが強い。日中も症状はあるが、そこまでひどくない。首の動きによりしびれがある。痛みとしびれが交ざっている。

4回目:初回のつらさが10なら今は4。たまに親指がチクチクする。ほぼ腕の痛みはない。

5回目:腕の痛みと親指のチクチク感はなくなった。

6回目:2週間後に来院。ストレッチをするとつる感じ。薬を減らしている。

7回目:1ヵ月後に来院。首の動きも良好。薬も1/3まで減らせるようになった。

8回目:1ヵ月後に来院。薬は1週間前に終了した。症状はすっきりなくなった。終了。

まとめ

症状が安定するまでは、週1、その後2週に1回、月1と治療間隔をあけていきました。

鍼治療と並行してリリカも服用していたので、一気にやめるのではなく、医師と相談して少しずつ減らしていきました。

鍼治療も回数を重ねるごとに症状がとれていき、最終的に薬もやめ、完治することができました。

同じような症状でお悩みの方は、ご連絡ください。

頚椎椎間板ヘルニアについて詳しくはこちら

頚椎椎間板ヘルニア

この記事に関する関連記事