【症例】不眠と首、肩の痛み、血圧不安定感 50代女性

主訴

  • 2ヵ月前から寝つきが悪く、睡眠導入剤を飲まないと眠れない。
  • 眠れても深く眠ることができない。
  • 同時に首と肩も痛く、血圧の変動が激しくて体がしんどい。
  • 神経質であり、自律神経が乱れている。
  • ネットでいろいろ調べて、「頚性神経筋症候群」首こりが原因では?と思い、来院。

症状

首と肩が痛い。

熟睡ができない。

寝つきが悪い。

目と耳に違和感があり、頭痛もする。

首や肩を動かして、動かしにくさや痛みはない。

トリガーポイント鍼療法

  • 肩甲挙筋トリガーポイント
  • 頭半棘筋トリガーポイント

施術部位

僧帽筋、肩甲挙筋、板状筋、頭半棘筋、胸鎖乳突筋、菱形筋など

まずは、自律神経に作用するよう、首から背中の筋肉へのトリガーポイント鍼療法を行いました。

症状経過

1回目:鍼が初めてで恐怖心があるので、細い鍼で刺激。

2回目:鍼後3日は調子よかったが、日によって症状が変わる。睡眠時間が長くなっている。

3回目:首と肩の重さがなくなった。睡眠はあまり気にしないようにしている。逆に耳の下が気になりだした。

4回目:張り感が少しある。

5回目:重さや張り感が出ても次の日にはスッキリしている。終了。

まとめ

週1回の治療を1ヵ月行いました。

首こりから不眠や自律神経症状が出ることがよくあります。

首こりが原因?と気づくまでに時間がかかることがほとんどなので、改善まで治療期間がかかります。

今回の症例は、早い段階で首こりに気づけたため、改善が早かったです。

同じような症状でお悩みの方は、ご連絡ください。

不眠症について詳しくはこちら

不眠症

この記事に関する関連記事