【症例】両肩の五十肩 50代女性

主訴

  • 原因がわからないが、4ヵ月前から両肩が痛く可動域が制限された。
  • 左肩の方がひどい。
  • 1年前に右肩が石灰化しステロイドなどで改善したのに、今度は左肩に発症した。
  • 病院では、リハビリと痛み止め、セルフストレッチなどで対処していた。
  • リハビリに通いたいが、今の状態のままだとリハビリがはかどらないので、少しでも可動域を広げたいと思い、当院へ来院。

症状

腕を前方に上げる(屈曲)…120°まで。

腕を側方に上げる(外転)…90°まで。

腕を後ろに回しにくい。

腕を内側に捻ると肩が痛い。

トリガーポイント鍼療法

  • 肩甲下筋トリガーポイント
  • 棘下筋トリガーポイント
  • 三角筋中部線維トリガーポイント

施術部位

エコーガイド下肩甲下筋、棘下筋、三角筋など。

右肩ももう少し可動域がほしいとのことで、両肩施術しました。

肩の奥にある筋肉の肩甲下筋と棘下筋、その外を覆う三角筋をメインにトリガーポイント鍼療法を行いました。

症状経過

1回目:かなり鍼が響くが、しっかり刺激を入れる。

2回目:少し後ろに手を引きやすくなった。

3回目:肩の前面から鎖骨へ痛みが広がる。

4回目:可動域が少し広がった。自動では肩の前面、他動では肩の後面が痛い。

5回目:可動域は広がっているが、胸から肩の前が抜ける感覚がする。

6~10回目:良くなっている。

11回目:以前より可動域が広がった。

12回目:痛みが腕に移動した。

13回目:側方に上げる動作が楽になってきた。

14回目:生活の中で無意識に動かすことができるようになった。

15回目:側方に上げるとき、90°で痛いがそれ以上で痛みはない。可動域が正常範囲に戻った。

16~17回目:痛みがかなり軽減された。

18回目:日常生活で支障なし。痛みもなし。終了。

まとめ

初回は週1,その後2週間に1回の施術を5ヵ月間行いました。

可動域の制限は、側方に腕を上げる動作が最後まで残りました。

可動域が上がり痛みが減ってくると、日常生活でも苦痛がなくなってきます。

すると、普段の生活がリハビリとなり、改善スピードが上がります。

鍼治療と運動を併用することが改善への近道です。

五十肩は地道に治療していかないと治りません。

同じような症状でお困りの方は、ご連絡ください。

五十肩について詳しくはこちら

五十肩

この記事に関する関連記事