【症例】手術するほどではない腱板損傷 40代男性

主訴

  • 半年前に野球で転倒して肩を強打。
  • 整形外科で腱板損傷(手術するほどではない)と診断され、今日まで注射のみで対処していた。
  • 最近また痛みがひどくなり、注射以外の方法を探していて当院へ来院。

症状

日中は、肩関節全体、肩甲骨周りが重い痛み。

肩の中が痛い。

夜間痛はなし。

トリガーポイント鍼療法

  • 棘下筋トリガーポイント
  • 三角筋中部線維トリガーポイント

施術部位

棘下筋腱、三角筋、棘上筋腱、僧帽筋、菱形筋など。

問診により、肩関節の中の痛みと外の痛みの2種類の痛みを訴えていました。

エコー検査の結果、肩の中の痛み(腱板)は棘下筋腱、肩全体の痛みは三角筋が原因と判断し、トリガーポイント鍼療法を行いました。

症状経過

1回目:鍼治療に慣れているとのことで、一番太い鍼を使ってしっかり響かせる。

2回目:1週間後に来院。腱板の痛み(肩の中の痛み)がなくなった。肩関節の外と肩甲骨周りの筋肉が疲労したときのような痛みがある。

3回目:10日後に来院。初回よりかなり調子が良い。肩を捻るとまだ痛みが残る。

4回目:日によって波がある。

5回目:2週間後に来院。ぎっくり腰になり腰に鍼治療。肩は良くなって大丈夫とのこと。

まとめ

腱板損傷でも鍼治療が効果的です。

完全に損傷している場合は、手術をすることが多いですが、部分的に損傷している場合は、鍼治療により痛みを軽減させることが可能です。

同じような症状でお困りの方は、ご連絡ください。

腱板断裂・腱板損傷について詳しくはこちら

腱板断裂・腱板損傷

この記事に関する関連記事