【症例】ライブ後の耳鳴り 20代男性

主訴

  • 1ヵ月前、ライブ後にキーンと高い耳鳴りを発症。
  • 耳鼻科では、特に耳の機能に異常なしと言われ、薬を服用しているが効果がない。
  • 耳鳴りのせいで気分が悪くなるので、何とかならないかと来院。

症状

頭の中にキーンと響く耳鳴り。

耳鳴りは波があり、ひどいと気分不良。

静かな場所ほど音量が大きい。

首がよく凝る。

トリガーポイント鍼療法

  • 胸鎖乳突筋トリガーポイント
  • 側頭筋トリガーポイント

施術部位

胸鎖乳突筋、側頭筋、頭板状筋、僧帽筋、肩甲挙筋など

耳の機能に異常がないので、耳鳴りは回復する旨を伝え、首や耳周りの筋肉に対して、トリガーポイント鍼療法を行いました。

症状経過

1回目:しっかりトリガーポイントに鍼を当て、響かせる。

2回目:少し耳鳴りの音が小さくなった。波はまだある。

3回目:若干耳鳴りがあるが、初回に比べてかなり改善した。一旦様子見。

まとめ

週1の鍼治療を3回行いました。

突発性難聴ではなく、耳の機能に異常がないとのことなので、早期に改善しました。

耳鳴りには、首、耳周り、頭の側頭筋に対して鍼治療を行うことで、筋肉の凝りをとり血流を良くすることが重要です。

今回の症例のように、ライブ後など大きな音が鳴っている空間に長時間滞在して、耳鳴りが発症するケースがあります。

同じような症状でお困りの方は、ご連絡ください。