【症例】整骨院での矯正治療後の腰痛、右股関節の痛み 30代女性

主訴

  • 2年前に整骨院にて2人がかりの矯正治療を受けて以来、腰と右股関節が痛くなった。
  • その後、首などに痛みが広がり、右半身の感覚がはっきりしなくなった。
  • MRIでは異常はなく、整骨院や鍼灸院で治療をしてきたが、変化がない。
  • なぜ、このようになったのか、痛みの原因が知りたい、治したいとのことで、当院へ来院。

症状

・特に、右の股関節が痛く、次いで腰の痛みと右首が痛い。

・日常生活では、座っているときが一番しんどい。

・歩いていると、骨盤が変に動いている感覚がして、気になる。自分でもよくわからない。

・姿勢を正して真っすぐ立つ姿勢で右腰に違和感がある。その姿勢から右足を一歩前に出すと楽である。

・股関節の動きに関しては、特に問題ない。

・腰を右に捻った状態から後ろに腰を反らすと痛みを感じる。

トリガーポイント鍼療法

多裂筋トリガーポイント

エコー検査や触診にて、仙骨部の腰部多裂筋に癒着があり、この多裂筋のトリガーポイントが原因でした。

多裂筋は、首~腰まで背骨沿いの深い位置にあるため、この多裂筋のトリガーポイントが腰、股関節、そして首まで痛みを感じる原因になっていると考えられました。

【治療部位】

多裂筋、大殿筋、中殿筋、大腿筋膜張筋、僧帽筋、肩甲挙筋など

1回目:鍼治療に慣れているということでしたので、しっかりと患部に響かせる。

2回目:体の軸がぶれなくなった。胃が元の位置に戻った感じでゲップがよく出るようになった。

3回目:腰が良くなり、左の肩甲間部が気になるようになった。

4回目:だいぶ良くなってきた。筋肉が元に戻ってきた感じがする。

5回目:最近、腸の調子が悪く検査を受ける。前からずっと悪かった。

6回目:腸の検査結果によっては、入院するかもしれない。

7回目:体全体が伸びやすくなっている。

8回目:腰がどっしりとしてきて、歩くときに安定している。

検査結果が良くなく、腸の治療に専念するため、一旦終了。

まとめ

治療期間は、週1で2ヵ月治療しました。

違う病気で入院することになり、完治まで至りませんでしたが、日常生活も違和感なく過ごせるまでに回復しました。

この症例は、強制的に腰を捻る矯正を受けたあとの痛みでしたので、腰に注目して治療をすすめてきました。

その結果、腰の奥にある多裂筋に痛みの原因があることがわかり、改善に至りました。

原因をしっかり見極めて治療し、結果が出て良かったと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加