【症例】製造業での作業による肘の痛み 50代男性

主訴

  • 2ヵ月前から右肘が痛く、整骨院で治療していたが変化がない。
  • 仕事が製造業で同じ動きの繰り返しで肘に負担がかかっていた。
  • 仕事では工具を持つことが多く、指を曲げて物を抱える動きが多い。
  • テニス肘バンドを巻かないと痛くて仕事ができない。
  • バレーをしており、アタック時にも痛みがある。
  • 仕事同様、趣味のバレーも痛みなくプレーしたいとのことで、当院へ来院。

症状

手首に抵抗をかけた状態で反らすと痛い。

中指に抵抗をかけた状態で反らすと痛い。

肘関節より、前腕の筋肉の方が痛みが強い。

トリガーポイント鍼療法

  • トリガーポイント鍼療法
  • トリガーポイント鍼療法

施術部位

総指伸筋、橈側手根伸筋、上腕骨外側上顆など。

触診やエコー検査の結果、中指を反らす総指伸筋が原因と考え、トリガーポイント鍼療法を行いました。

症状経過

1回目:しっかり響かせる。

2回目:1週間後に来院。全く変化なし。夜間痛が辛い。薬を飲むと痛みがなくなる。

3回目:2週間後に来院。前回の鍼治療後、すごく痛くなり、その痛みが3日後に取れてから一気に良くなった。鍼の痛みと同時に肘の痛みも消えた。今日は嬉しくてそれを伝える意味でも来院したとのこと。軽く予防目的で鍼を打つ。終了。

まとめ

しっかり鍼がポイントに入ったのだと思います。

鍼治療後、一時的に痛みが悪化することがあり、その痛みが取れると同時に楽になることがあります。

同じような症状でお悩みの方は、ご連絡ください。