【症例】肘の曲げ伸ばしで肘の外側が痛い 40代男性

主訴

  • 1ヵ月前から、肘のまで伸ばしで肘の外側が痛い。
  • 病院には行っていないが、2年前にも同じ症状があり1ヵ月で自然治癒した経験がある。
  • ゴルフを7年間続けており、2ヵ月前から肘に違和感があり、1ヵ月前にゴルフをして以来痛みに変わった。
  • 3週間安静にしていたが、今週ゴルフをして痛みが悪化した。
  • 来週と再来週にゴルフがあるので、何とかしてほしいと当院へ来院。

症状

肘の曲げ伸ばしで痛い。

手首を反らすと痛い。

手首を捻ると痛い。

痛みは、肘外側の骨(上腕骨外側上顆)の後面。

トリガーポイント鍼療法

  • トリガーポイント鍼療法
  • トリガーポイント鍼療法

施術部位

上腕骨外側上顆、総指伸筋、腕橈骨筋、橈側手根伸筋など。

ゴルフに間に合うよう早急に楽にしてほしいとのことで、鍼治療は初めてだったが、しっかりポイントに響かせるようにトリガーポイント施術を行いました。

症状経過

1回目:肘の外側の骨(上腕骨外側上顆)やそこに付着する筋肉に対して鍼治療を行う。

2回目:鍼治療後2日痛みが強く、その後鍼の痛みが取れると同時に肘の痛みも軽減した。

3回目:調子が良かった。ゴルフをしたが、そこまで痛まなかった。最後の仕上げとして来院したとのこと。

まとめ

3回の鍼治療でゴルフができるようになりました。

症状やその人の背景によっては、強めに刺激をして治していくこともあります。

同じような症状でお悩みの方は、ご連絡ください。

肘の痛みについて詳しくはこちら

肘の痛み

この記事に関する関連記事